腸活をこれからのヘルスケアに!

“第2の脳”と言われる
は脳の次に神経細胞が多いからですね!

ただ単に消化活動をするだけの臓器ではなく、この神経細胞を使ってさまざまな役割を果たしているのです。
近年明らかになってきたの神経細胞ネットワークです。

このネットワークには腸内の細菌たちが大きく関わっているのです。
それが腸内フローラという細菌叢ですね。
善玉菌悪玉菌というのは聞いたことがあるかと思います。

腸の中には100兆個以上の細菌が生きているんです。
重さでいうと、約1㎏以上になるそうですよ!

腸活というのは、この腸内フローラのバランスを整えることなんです。

腸内細菌は大きくわけると善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3グループがあります。
有名なビフィズス菌や乳酸菌などが善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などが悪玉菌です。

健康的な構成バランスは善玉菌20%悪玉菌10%、そして日和見菌70%です。

善玉が優勢だと日和見菌は善玉の味方について良い働きをし、悪玉が優勢になると悪玉について悪さをするのです。

ですので、できるだけ善玉優勢をキープするのが健康の秘訣なんですよね。

悪玉菌は食べ物のカスを腐敗させ、アンモニアなどの腐敗物質を生み出します。
それがガスや悪臭のモトなんですよね。

悪玉菌が増えると腸の蠕動運動が鈍くなってしまい、便秘になりやすいのです。

そうすると腸の中にいつまでも便が残ってしまうので、腐敗がどんどん進み、有害物質が増えるわけです。
それらが血管を通して吸収されて全身に回りますので、お肌のトラブル(にきびや吹き出物など)が出るようになります。

腸内フローラのバランスが崩れることで肌荒れなどのトラブルを起こすことになるんですね。

また、腸の蠕動運動は老化によっても低下してきますし、ストレスや睡眠不足といった食生活とは関係ない原因でも腸内環境の悪化が加速します。
“第2の脳”だからこそ、ストレスの影響をいっぱい受けてしまうんです。

腸内フローラの乱れはお肌だけでなく、アレルギーや、がん、糖尿病などの病気、免疫力、メンタルヘルスにも関連していることもわかってきています。

ということで、腸内フローラを改善する腸活に注目が集まっているのですね!

東洋医学的には、大腸は肺と密接な関係があり、肌のトラブルにつながるとされています。

しつこい湿疹、アトピーなどに悩まされている方は腸活をお勧めする根拠です。

消化機能を高めてお腹を健康に保つことで全身の健康につなげることができるというのが東洋医学の考え方なのです。

当院でも、お腹の調子を整えて消化吸収力をつけることを最初の目標にしています。
まずは腸内環境を改善してこそ、全身の調整ができるんです。

 

腸内環境を改善するためにできることとしては・・・

1.たっぷり良質の睡眠を

2.野菜をたっぷりバランスよい食事を

3.発酵食品を摂る

4.リラックスしてストレスのない生活を

5.身体を適度に動かす

 

発酵食品とはヨーグルトやチーズなどの乳製品以外にも、漬物、キムチ、納豆、味噌や醤油などの調味料もそうです。

また、善玉菌のエサになるプレバイオティクスといえば野菜や果物、豆類、オリゴ糖です。

そして食物繊維もお忘れなく!

やっぱり野菜不足は悪玉菌の増殖につながって便秘や肌荒れを引き起こすのは間違いありません。

お肉中心の食生活の方はぜひ見直してくださいね(^^)/

そして、便秘が常態化している方は危機感を持って改善していただきたいです。

健康維持のため、美肌のため、そして病気の予防のため。

今日からさっそく、腸活しましょう(^^)/

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA