コロナ禍でお肌のトラブルに?

秋冬は気温が下がるだけでなく空気が乾燥しますよね。

梅雨から夏のあいだずっと湿気に悩まされましたが、今度は乾燥に困ることになります。

汗だくでベトベトするのもウンザリですが、カサカサになるのも悩ましいですね。

感染対策ために常時マスクを着用しているため、皮膚がこすれて荒れてしまう女性も多いのです。
乾燥すると余計に摩擦でこすれますし。

布マスクのほうがお肌には優しいのですが、感染予防にはやはり不織布マスクがベストです。
直接マスクの縁があたる目の下や頬などが赤くなってしまいやすいですね。

 

また、ずっと着用することで逆に蒸れて炎症を起こすこともあるようです。

どっちにしても、マスクは美容にはやっかいな存在かもしれません。

それでも、マスクをはずしてよくなる時が来るまでは、自衛のために欠かせません。

乾燥しやすい方は保湿剤をこまめに塗り、蒸れやすい方はマスクの下にガーゼなどのやわらかい布を1枚敷いて、汗を吸収できるようにしましょうか。

 

顔に吹き出物やニキビができて困る、という方もいらっしゃいますよね。

やはりマスクの刺激もあるのかもしれませんが、余分な熱が身体にこもっていることも多いです。

食生活を見直し、アルコールや甘いものを避けることでも改善できますよ。

唐辛子などの刺激物や過度の乳製品、砂糖などを控えてみましょう!

胃腸の調子を整えると美肌につながりますからね(^^)

1日の終わりにはしっかりケアして夜のあいだに修復できるようにしましょうね。
充分かつ良質の睡眠はお肌の回復に欠かせません。
たっぷり寝ていただくことも美肌にとって重要なことですよ!

 

お顔以外で最近よく聞くのが手指の荒れです。

ささくれだったり、ひびだったり、手荒れがひどくなって・・・と訴える方が増えています。

ウィズ・コロナ生活で、これだけ手洗いやアルコール消毒を徹底していたら当然ですよね!

乾燥の季節や、今後お湯を使う時期に入るとますます悪化しそうです。

私自身、鍼灸師という職業上、手指の消毒は一般の方よりずっと徹底して行うため、1年中手荒れ対策は取っています。

こまめにハンドクリームやワセリンを塗り、食器洗いなど必要な時は必ずゴム手袋を使います。

そして、夜はたっぷりオイルを塗って手指をマッサージし、血行をよくするように気を付けています。

荒れ具合がひどくなった時は分厚くクリームや部分的に傷薬を塗ってからサランラップを巻いて寝ることもありますよ。

これはかなり有効です!

専用の手袋なども販売されていますが、ラップが最強です(^^)
(蒸れますけれども)
切れて出血するような重症でもかなり修復できます。

暑い時期には向きませんが、これからの季節はお試しください。

 

猛暑のあいだは汗もが肌の痒みの原因となりましたが、これからは乾燥のせいで痒みが出てきます。

保湿と、お肌にやさしい肌着を選ぶようにすると改善できるケースが多いですよ。

化繊よりも綿100%、絹の肌着や寝間着がおすすめです。

寝てるあいだにかきむしってしまう方は、ぜひお試しください。

保湿剤は天然の馬油、太白ごま油、オリーブオイルなどがおすすめです。

 

東洋医学的には、お肌のトラブルは乾燥と湿気対策、そして甘味をコントロールすることで回避することができると考えます。

しつこい湿疹などのトラブルに悩んでいる方は心当たりがありませんか?

余分なものを摂りすぎているので排出しようとする身体の反応かもしれませんよ。

食生活を改めるだけで改善できたら安いものですよね!

あきらめずに、お身体全体のケアをコツコツやっていきましょう(^^)/

表面上の美容ではなく、身体の中から健康美を!

お肌のトラブルにお悩みの方はご相談ください。

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA