コロナ禍での心と身体のバランスの整え方《2》

欧米と比較すると安心してしまいがちですが、日本の第3波はこれまでよりも大波です。

感染者の年齢層も幅広く(40代以上がとくに増加しています)、家族内感染や経路不明の市中感染も多いのも気になります。
医療崩壊だけは避けなければいけませんね。

もう特定の人だけが厳重注意しなければいけないという段階ではありません。

誰でも感染する恐れがあるのですから、自分は大丈夫という思い込みは捨てたほうがよいでしょう。

そして有効な予防対策を取り、できるだけ安全に日常生活を続けていくことが求められています。

 

それでもいい加減、疲れてしまうんですよね…。

いつまでこんな苦しい生活が続くのか!?!

そんなストレスがたまりすぎて、心のバランスを崩してしまうのが怖いです。

コロナというよりもストレスに負けないよう、しっかりとセルフケアしていきましょう(^^)/

 

気分が晴れない方はベーシックなエクササイズを毎日やってくださいね。

簡単すぎなんですが、ストレス過多で余裕が無くなっていると、こうした基本さえできなくなっているんですよ。

意識してできるように身体を使ったワークにしてみました!!

毎日、できるときにやってくださいね。

 

1.深呼吸

ストレス下では呼吸が浅くなったり早くなったり、うつむいた姿勢で肺も圧迫されて十分に呼吸できていないことが多いのです。

「身体を使った」と言えるのかどうかわかりませんが、意識的な呼吸法をすることで自律神経を整えることができるのです。

姿勢をよくして胸を広げ、肩の力を抜いて、できるだけゆっくりと大きく呼吸を繰り返します。

息を吐く時になるべくゆっくり、長く時間をかけてください。

頭では別のことを考えず、ただ呼吸にだけ意識を集中して腹式で深呼吸する、ただそれだけです。

腹式呼吸は、息を吸いながらお腹を膨らませ、吐く時にお腹を凹ませていく呼吸法です。
実際にはお腹の中に空気が入ってくるわけではありませんが、空気を下腹まで送り込むイメージをするのが大事です。

胸式呼吸だと肩をいからせてできるだけ大きく吸い込もうとしてしまうのですが、それでは肩に力が入って交感神経が優位になってしまいます。

腹式の呼吸法をすると副交感神経が優勢になり、自然と身体がリラックスできるんですよ。
そしてざわついていた心も落ち着いてきます。

思いついた時にいつでも、少し時間を取ってやってみてください。
立ってても座っていても、寝ていてもできます。

夜、眠りにつくときにすると入眠しやすくなります。
お仕事の合間や、通勤途中で電車を待っている時、休憩時間など、いつでも思い出したらやってみてくださいね。

呼吸とは気を取り入れることなんです。
上手に気を取り入れて元気になりましょう!

いっぱい吸い込もうと力んだり、息を止めたりはしないように、スムーズに続けてくださいね。

 

2.ストレッチ

朝、目が覚めたらいきなりトップスピードで飛び起きて活動開始しますか?
ちょっといつもより早めに目覚まし時計をセットして、目が覚めてからお布団の中で軽くストレッチをしてみませんか。

伸びをするだけもいいのです。
腕を頭の上に挙げてバンザイし、足はつま先ではなくカカトを押し出すように伸びをします。
つま先を伸ばすと足がつりやすいのでご注意ください。

それから腰をねじってみたり、腕や足をあちこち曲げたり伸ばしたり、全身を徐々に動かしていくのです。
身体を起こしたらお布団の上でも開脚したり前屈したり、ゆっくりと柔軟体操します。

日中でも座っている時間が長くなれば立ち上がって軽くストレッチする休憩時間をとりましょうね。
職場でも、テレワークでも。

入浴の前や後、就寝前もストレッチに適したタイミングです。
わざわざジムに行かなくても、数分間のストレッチでいいのです。

ずっと同じ姿勢で固まっていると気が滞ります。

ストレッチは停滞した気の流れを元に戻して流す意味がありますよ。
全身の気がちゃんと流れて、心も身体も滞らないようにしましょう。

 

3.ウォーキング

1と2の合わせ技ともいえるウォーキング。

たくさん歩けばいいというわけではありません。
呼吸を意識しながら、全身を使って歩きます。

歩幅を広めに、足指の付け根でしっかり蹴りだして、足を上げて、かかとで着地して、腕も振って、全身運動をこころがけましょう。

できれば自然の土の上がいいですね。
膝の負担が軽くなります。
近くに無ければアスファルトでもいいのですが、マスクをはずしてもいいようになるべく人が少ない道を選んでください。

歩きやすい靴で、荷物を持たずに、頭を上げて歩きましょう。
景色を楽しんで、鳥や水の音に耳を傾けながら歩きましょう。
スマホで動画を観ながら、なんてダメですよ!

ストレスで頭がいっぱいになっている時は、気が昇りっぱなしの状態です。
気を下に降ろして、全身に巡らせないといけませんね。

気を全身に行き渡らせるためには歩くことが一番助けになるのですよ。

目安としては、1日に8千歩以下になるように歩いてくださいね。
やり過ぎは禁物です。

 

コロナ禍でフラストレーションがたまっている方は、まずは以上の3つをやってみてくださいね。
基本中の基本なので、たったこれだけ? と思われるかもしれません。

でも、ここを飛ばしてしまうと、前に進めないのです。

初心に帰るつもりで、毎日やってみてくださいね。

安心安全なウィズ・コロナ生活を!

 

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA