コロナ感染予防にはこのツボ!

真夏の気温や湿気で下火になるのかと思いきや、全然関係なく感染拡大している新型コロナウィルス感染症

感染経路不明が増加と聞けば、できるだけ外出を控えて巣ごもりするしかないですよね。

リスクは減らしたいけれども、家族全員でずっと永久に閉じこもっているわけにもいきませんし…

感染対策は各自できることをやって備えていくしかないですね。

 

でも、どの程度気をつければいいのかで悩むところです。

それぞれ環境も条件も違いますので、みんなが一律に最強固な対策を取ればいいということではないと思います。

もし家族に年配の方がいらっしゃるのでしたら、かなり厳しめに感染予防したほうがいいですよね。
ウィルスを家庭に持ち帰らないことが重要になります。

もし若い世代だけの家庭なら、そこまで厳重じゃなくてもいいかもしれません。
ただ、若くても子どもでも感染する(陽性)のはわかってきましたので、不用意な行動は避けるべきです。

当初「若ければ発症しても軽症で済む」という話で油断してしまっていましたが、covid-19の「軽症」とは人工呼吸機のお世話にはならずに済むレベルなだけで、かなりのダメージなんだそうですから。

また、後遺症が残る割合も高く、こちらも絶対無視できないですよね。

 

急がれるワクチン開発も、いつ完成するのかわかりません。
すぐに認可が下りて製造が始まったとしても、全員に行き渡るのはいつになるのか、さらに想像がつきません。

現時点では、とにかく自分にも他者にも感染を食い止めることが大事です。

そのためにも基本に立ち返り、うがいや手洗い、マスク着用、ソーシャルディスタンス

そして、自分の免疫力を落とさないためのメンテナンスが絶対重要になりますよ!

しっかり栄養を摂って、睡眠も十分に、無理せず体調が少しでも悪ければ早めに休む、といったことが守れていなければ体力が落ちて免疫力は落ちますから。

“新たな日常”には自分の身体のケアも含まれるべきなんですよね。
それが【ウィズ・コロナ】の新しい生活様式なのです。

不満も愚痴も出てくるのは仕方ありませんが、上手にストレス発散していければ、感染するより絶対マシです!!

 

新型コロナウィルス感染症感染性の肺炎と言われています。

ふだん呼吸に意識を向けることはあまりなかったかもしれませんが、これからは肺をはじめとした呼吸器をしっかり守りたいですね。

そのために肺と呼吸する力を助ける効果のあるツボをご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

尺沢(しゃくたく)です。

肘の内側にある腱のすぐ外側にあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

肺や気管支他呼吸器系のトラブルを改善してくれるツボですよ。

咳やのどの痛みなどの風邪症状だけでなく、体内の水の流れも整えて水はけをよくしてくれます。

トイレの回数が減ってむくみがちな時にもとても役立ちます。

親指で押さえてみて、ゴリゴリして痛いところ指圧してみてくださいね。

新型コロナウィルス感染症は肺炎を起こすので、予防のためにはこのツボにお灸がいいですよ!

風邪の予防にもなりますし、ぜひ続けてください(^^)/

 

感染症を予防することも重要ですが、かかっても重症化しないよう呼吸器系の健康を維持することにも目を向けてくださいね。

そのためには、お灸を含めた日々の養生、そして禁煙が絶対有効です。
どうしてもやめられない方は、禁煙外来を受診してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA