クーラー病は自律神経から

熱中症予防のため、水分・ミネラルの補給、十分な睡眠・栄養など、細心の注意を払わなければいけない猛暑。

ここにきて、エアコンの使用度合いで“命”に差が出ることも明らかになってきました。

つい「もったいない」と感じてしまうのですが、エアコンを1ヶ月つけっぱなしにすることで熱中症の死亡率を1/4にできるそうです。

とはいえ、熱中症は免れても、エアコンのせいで体調を崩す方はいらっしゃいます。

クーラー病(冷房病)といわれる症状ですね。

冷房が効いた環境に長くいたり、その後に暑い屋外に出たり、気温差が激しいところを出入りすることで引き起こされる体調不良のことを指します。
正式な病気の名前ではありません。

人間は恒温動物なので、気温が変化しても身体の調節をおこなって体温を一定に保つことができるのですが、その多くは自律神経の働きによるものなんです。

それでもだいたい5℃以内の変化ならうまく対応できるのですが、それ以上の温度変化となると何度も繰り返すと自律神経が対応しきれずに暴走してしまうのです。

それがクーラー病といわれる、手足や腰の冷え・だるさ、倦怠感、食欲不振、頭痛や肩こり、不眠、下痢などの症状です。
女性だと生理不順や生理痛も起きることがあります。

クーラー病自律神経の障害だったのです!

一度かかるとけっこう引きずりますので、予防をしっかりするのが肝心ですよ。

 

【クーラー病を予防するには】

 ★ 設定温度と服装

冷やし過ぎないのがコツです。
かといって30℃では暑すぎて仕事ができませんし、夜は眠れないかも?
27~29℃くらいでギリギリ寒くない適温を探してください。
サーキュレーターを使ったりして工夫してください。
風が直接身体に当たらないようにしてくださいね。
体感温度は個人差がありますので、暑がりの人がギリギリ眠れる室温にして、寒がりの人は上に重ね着をし、寝具で調節してくださいね。
靴下、レッグウォーマー、腹巻、ネックウォーマーなどがお役立ちです。
(暑がりの方は氷枕、アイス〇ンなども利用してください。)
職場でも羽織りものやひざ掛けを用意しましょう。
電車内やスーパーのエアコン対策には、素足にサンダルを避け、パンツスタイルで靴下、スニーカーなどで対応してくださいね。

 ★  入浴や足湯

夏でもシャワーで済ませず、夜にぬるめのお湯を張って湯船につかるようにしてください。
ゆっくりつかって、1日エアコンにあたった身体の芯の冷えをリセットしましょう。
上半身はお湯から出るように下半身浴にしたり、足湯にしたりすると後で火照って寝付けないなどのトラブルも避けられます。
熱くなりすぎると、また眠れませんからね。

 ★  規則正しい生活

夜更かしや不規則な食生活(暴飲暴食も)は自律神経を乱しますよ。
できるだけ一定の時間に就寝・起床したり、食事したり、というリズムが大事なんです。
いったん崩れたリズムを立て直すのには自律神経にも相当な負担がかかるので、なるべく身体にやさしい生活を心がけるほうがいいんです。
睡眠不足や食べ過ぎ、飲み過ぎにもご注意くださいね。
内側から身体を冷やす氷入りドリンクやアイスクリームなども、できるだけ控えるようにしたほうが安心です。
運動も、週に1度激しいスポーツをするより、軽めのウォーキングやヨガなどを毎日少しずつ続けるのがいいですよ!

 ★  ストレス発散

常に不安や心配事、緊張にさらされていると、自律神経は乱れていきます。
身体の冷えだけでなく、心の冷えも体調を大きく左右する原因となりますよ。
ささやかな楽しみを見つけて、自分の時間を大切に過ごすようにしてみてください。
友人と騒いで発散することが難しいウィズ・コロナの新たな日常ですので、自分なりの発散方法をみつけてくださいね。
アロマやハーブティなど、香りの助けも借りてみましょうか。
日記をつけるのも客観視できていいかもしれませんよ。

 

【ツボでセルフケアするには】

クーラー病には胃腸の働きを助け、自律神経の働きを守らなければ!

これまでご紹介したツボたちの合わせ技でいきましょう!

まずは三里(あしさんり)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

そして、三陰交(さんいんこう)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さらに合谷(ごうこく)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

まずはこの3か所、クーラー病予防にぜひ続けてみてください。

(ツボの正確な場所や効果は【女性のためのセルフケア教室】のコラムをさかのぼって読んでくださいね)

 

もちろん実際にはもっと治療に必要なツボはあるのですが、体質に合わせる必要があるので、あとはプロにお任せくださいね!

セルフケアとしては、生活面で気を付けることと同時に上記のお灸で最善の対策を!!

無理せず、元気に秋を迎えましょう(^^)/

 

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA