足がつりやすいのは治る?

こむら返りとも言いますが、突然足がつるの、かなり衝撃的な痛さなので恐れている方は多いですよね。

ふくらはぎが突然ピキーーーーンと突っ張るやつです。

妊婦さんや年配の方はなりやすいと言われ、夜中や朝方、寝ている時に突然襲われるので辛いですね。

また、子どもの頃にプールで泳いでいて突然なった、というのは誰でも経験があるのではないでしょうか。
アスリートだって突然発症して大事な試合を途中棄権することだってあります。

ふくらはぎだけでなく、足の裏や指だったり、お尻や太ももだったり、手指だったり、どこに発症してもおかしくはありません。

筋肉が異常に収縮することで痙攣を起こすのです。

わりと頻繁に起きる症状で、だいたいはすぐ収まるものですが、たまに痛みが継続することもあります。

 

【こむら返りの原因とは?】

 ★ ミネラルバランスの乱れ

カリウム、カルシウム、とくにマグネシウムの不足によります。
妊娠中はとくにこれが原因です。

 ★ 脱水や冷え

発汗して脱水したり、冷えたりして血行不良を起こしたりするため。
運動中、就寝時に起きやすいのはこのためです。

  ★ 加齢

筋肉の機能の衰え。

 

軽度の熱中症症状としても、こむら返り=熱けいれんが起きることがあります。

熱中症でこむら返りが起きるなんてあまり知られてないのでびっくりされるかもしれません。

でも結構ありがちなので、覚えておいてくださいね。

 

【こむら返りを予防しましょう!】

 ☆ バランスのよい食事でミネラル補給

熱中症予防のために水ばかり飲んでいるとミネラルのバランスが崩れますので、水分だけでなくミネラルも同時に、が大事ですよ。

 ☆ 就寝前に水分補給

矛盾するようですが、就寝中の脱水を予防するためにも、血栓予防にも、いいですよ。

 ☆ 寝る前や運動前によくストレッチを

ふくらはぎ、もも裏をよく伸ばし、屈伸運動をするようにしてくださいね。

 ☆ 冷え予防を

エアコンのきいた室内では靴下やレッグウォーマー着用、そして夏でも入浴が予防に効果的です。

 ☆ お灸もね!

血流改善や冷え防止のためにもお灸が非常におすすめですよ。

 

こむら返りに効くツボはここです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

承山(しょうざん)というつぼです。

 

足首のアキレス腱からまっすぐ上にのぼって、ふくらはぎの筋肉が盛り上がるすぐ手前のところです。
ぎゅっと力を入れるとわかりやすいですよ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

(ヨガ・インストラクターの方の足を撮らせていただきました。ご協力ありがとうございます!)

 

こむら返りだけでなく、足のむくみや痛みにも効きますよ。

指圧かお灸でセルフケアしましょう!

 

間に合わずにつってしまった時は、どうするかというと?

仰向けに寝ているなら膝をお腹に抱えるようにしてアキレス腱をのばします。
つま先を持って手前に引きながら、ゆっくりと。

立っている時は、壁に手をつき足を前後に開いて、アキレス腱をのばします。

 

後は漢方薬で即効性のあるお薬がありますので、お悩みの方はどうぞお尋ねください。

 

とにかく痛いこむら返り

予防して、痛い目に遭わないようにできたらいいですね!

 

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA