更年期ってなに?

更年期のことを英語でメノポーズと言います。
閉経を挟んでの約10年間ほどの期間のことを指します。

人間の女性の閉経はだいたい50歳と言われ、日本人女性の平均は51歳くらいだそうです。

これって大昔も今も変わらないそうで、現代の日本は高齢化社会なので、閉経してからの女性の人生は長くなるいっぽう・・・

古代は閉経と寿命が同じくらいだったのかもしれません。
たぶん初潮とほぼ同時期から妊娠出産を繰り返し、結局生理はあまり起こらないまま亡くなっていくことも多かったのでは?

だから更年期って、そんなに問題にならなかったんだろうと考えられます。

現代人は寿命が劇的に延びたため、更年期を乗り切って、それからの人生を充実させる使命がありますね!

 

前置きが長くなりましたが、更年期の本題に戻ります。

ホルモン分泌の変化によって起きるさまざまな不調を更年期症状と呼びますが、なかには不調は何もなく通り過ぎる方もいらっしゃいます。

だれにでも更年期は訪れるものの、更年期症状は人それぞれ、ということですね。

「更年期障害」となるのは生活に支障が出るレベルで、仕事も家事もできないほどになってしまう方もいらっしゃいます。
我慢せずに治療を受ければ、また元気に生活や仕事ができるようになりますよ!

 

更年期特有の症状としては、身体のほてりや発汗(とくに顔や上半身)、めまいやふらつきがあります。
ひどい肩こりや身体のあちこちの痛みを訴える方も多いですね。

身体症状だけでなく、心のバランスが崩れてイライラが高じたり、情緒不安定になることも少なくありません。
なかには鬱っぽくなって引きこもりがちになる方も。

 

40代50代の方々ばかりでなく、なかには20代や30代で同様の症状が出てくる方もいらっしゃいます。
早発閉経の疑いがある場合、同様の症状に悩まされることがあるのです。
ですので、年齢だけで切ることはできません。

年齢に関係無く、これまで経験したことがない症状に人知れず悩んでいらっしゃる方は、まずは女性のホルモンバランスの変化について知るところからスタートしてください。

誰にでも起きるけれど、感じかたや出るところは人によって違うのです。
まずは今起きている変化を、ありのままに受けとめるところからですね。

もし更年期にマイナスイメージをお持ちでしたら、まずはそのイメージを払拭していきたいものです。

女性の一生のうちで、思春期の頃の第二次性徴以上の大きなホルモンの変化が起きるといわれる更年期です。

(ひょっとしたらこっちのほうが長いかもしれない)人生の新たな段階にレベルアップする準備期間なのです。

変化の渦中は何があっても不思議ではないですが、少しでも豊かに「更年期」をお過ごしいただけたらと願っています。

鍼灸院では、「病院にかかるほどではないんだけど、やっぱり辛くて困る」 という方向けに東洋医学的なアプローチで更年期の体調を改善していきます。

更年期を安心して乗り切るお手伝いをさせていただきますよ(^^)/

いつでもご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA