目もUV対策を!

紫外線UV)の健康被害が広く知られるようになって久しいです。

数十年前までは女性も日焼けして小麦色の肌を“わざわざ”作っていました。
うそのようですが、わざわざサンオイルを塗って焼いていたくらいです。

今なら信じられませんよね?!

子どもは夏休み中に海やプールに通い、どれだけ黒く日焼けしたかを休み明けに競いました。

それが今や、子どももプールでラッシュガード着用、女性は上から下まで1ミリも隙間を露出しないガードぶりです。

あれだけ日焼け推奨されてたのは何だったのでしょうね?!

 

紫外線の影響をおさらいしましょう。

日に当たると、紫外線によってたんぱく質の編成が起こり、皮膚にダメージを与えます。
皮膚の加齢、DNAの損傷、皮膚がんのリスクなど、女性にとってだけでなく万人に悪影響です。

紫外線には波長によってUVAUVBUVCとあるのですが、UVCは地上に届かないので気にしなくてもいいです。

問題は、UVAUVBですね。

UVAは一年を通して地上に降り注ぎ、長期的には上に挙げたような怖いダメージを与えます。
冬や朝夕も油断は禁物ですよ。

そして、UVBはよく夏にひどい日焼けで皮膚が真っ赤になって強烈な痛みを引き起こす原因の紫外線です。
こちらはに対しても同じように影響しますよ。

それに、お肌には日焼け止めのクリームを塗ったり衣服で覆ったりできますが、って無防備なんです。

は肌のように日焼けして真っ黒になったりはしませんが危険なのは変わりません。

視力矯正の眼鏡をかけている方は、紫外線カットのレンズを選ぶようにしてくださいね。
オプションで付けることができるようになっています。

だいたいのコンタクトレンズは紫外線を吸収して網膜を保護する機能がありますよ。

普段から裸眼の方は、外出するならサングラス着用がベターです。

つばが大きい防止をかぶって紫外線に入り込むのを極力避けるのも予防としていいですね。

スキンケアのようにの保護も同じように気を付けていきましょう(^^)/
将来、白内障などのの病気につながる可能性が高いので、これからすぐに始めましょう。

の健康といえば、現代人はスマホやPCなどに触れる時間が長くなり、眼精疲労やドライアイなどの“IT眼症”が増えているようです。

だけでなく、頭痛や首・肩のコリ、不眠、うつ病など、心身に影響を及ぼします。

長時間のデジタル機器の使用を避け、できる限りを休ませるようにしてくださいね。

紫外線も怖いですが、デジタル機器からも大切なを守っていきたいですね(^^)

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA