不妊の2大原因!?

「もしかして不妊かも?」  と不安になり、意を決して不妊専門クリニックを受診する方が、まず最初に経験するのが数々の検査です。

不妊の原因がわからなければ対処の仕方、今後の方向性がわからないですからね。

問診や血液検査、内診などを経て、原因が特定されていきます。

子宮筋腫などの疾患や子宮奇形などが見つかると、すぐに治療方針が決まることが多いです。

さまざまなホルモン値を確認するために何度も血液検査があるので、こちらはちょっと時間がかかります。

そうした検査結果から、妊娠しにくくなっている理由を見つけていきます。

ところが、なかには何も問題が見つからない、ということもありますよ。

女性の検査は種類もたくさんありますし、苦痛を伴うものもあるので、最終的に何も問題無いと言われると拍子抜けというより逆に困ってしまいます。

そういう時のためにも、男性の検査も同時に受けておく必要があります。
男性の検査は苦痛を伴うものは基本的にありませんから。

今は不妊の原因は男女ともにあると考えるのが一般的です。
時間の節約のためにも、夫婦同時に検査受診が理想的ですよ!

それでも、夫婦ともに、これといった原因が見つからないこともあります。

そんな時も、もっと前に原因が分かったとしても、現代人の不妊の大きな原因が2つに集約されますよ。

1.「高齢化」と、2.「ストレス」です。

“卵子の老化”は有名になりましたが、現代は晩婚化で妊活高齢化が進んでいます。

40歳からの妊活だって、もう普通ですよね。

卵子だけでなく、子宮筋腫や内膜症などの疾患も、ホルモンバランスの乱れも、加齢の影響は否めません。

現代医学では卵子を若返らせる方法は無いですし、それぞれの疾患に対する対処法はあっても老化現象を止める特効薬や治療法は残念ながら期待できないのです。

東洋医学的には老化は腎の弱りと捉え、こちらも決して止めることはできないと考えます。

ただ、腎の力を助けることで老化のスピードを遅らせることは可能です。

若い頃からの過労や暴飲暴食などのせいで現代の働き盛りは常にお疲れ、その結果かなり腎の力が衰えている方が多いです。
妊活するなら、老化現象が早くに押し寄せてこないよう、腎の力を補っていかなければならないんです!

妊娠しやすい身体をつくる妊活鍼灸の目的はこれに尽きます。

補腎!!
(=腎の力を補う)

 

そして、もう1つの不妊の原因は「ストレス」

もちろんストレスがまったく無いという人は何時の時代でもいないでしょうが、現代人のストレスといえば仕事上や人間関係の精神的ストレスだけでなく、デジタルストレスも大きいですよね。
また、ここ数年はコロナ禍も追い打ちをかけています。

多くの方が長年積り積もったストレスで心身ともにガチガチにこわばっています。
妊娠するためには心身の余裕が必要ですが、まったくゆとりが無くなっているんですね。

ストレスによって自律神経やホルモンバランスが崩れるのは西洋医学的にも明らかですが、東洋医学の視点に戻ると、ストレスは気のめぐりを停滞させて、その結果血流も悪くなってしまうのです。
血流を改善するのは妊娠のために非常に大切になってきますよ!

気血のめぐりをよくすることは鍼灸の得意分野ですから、不妊の検査で何も見つからなかった方には特にトライしていただきたいです。

ストレスで停滞した気血を正しく流れるように妊活鍼灸で整えていきましょう(^^)/

現代人特有の2大不妊原因は東洋医学の力にお任せくださいね!

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA