風邪を予防するには?

昔から風邪は万病のもとと決まっていますね。

みくびると後々ひきずって大変なことにもなりかねません。

なるべく早めに気づいて対処することで、風邪はずっと楽に乗り越えることができるんですよ!

新型コロナウィルスの感染予防はもう当たり前になりました。
そして、もともと冬期はインフルエンザの予防に力を入れていかないといけませんよね。

マスク着用や手洗い・うがい励行などの基本や、ソーシャル・ディスタンスなどの予防行動で風邪も激減するのでは? と期待したいです。

それでも!
かかる人はいるんですよね…

コロナ禍で、仮にでも発熱したら病院に行くのもややこしくなります。
町のクリニックには「風邪症状のある方は・・・」との貼り紙が・・・。

これまでのように簡単に風邪だからって診療を受けられなくなっているんですよね。

だからこそ、しっかり予防を!!

 

そもそも、風邪ってヒトコトで言っても、いろんな症状が出ます。
「かぜ症候群」と呼んでもいいでしょう。

ウイルスが原因で、上気道感染がほとんどです。

鼻、ノドが中心なので、くしゃみ、鼻水/鼻づまり、咽頭痛、頭痛、発熱、咳、といったお決まりの症状ですね。
なかには胃腸に来るウィルスもあって、嘔吐や下痢なども。

だいたい安静にしていれば1週間くらいで回復するものですが、放っておくと肺炎になることもありますよ。

 

風邪薬がたくさん市販されていますが、実際には風邪自体を治す薬はありません
どれも、症状を改善するのが目的の薬です。

以前は「風邪でも休めない人に」 とさまざまな薬が宣伝されていましたが、コロナ禍で「具合が悪ければ休む」 という価値観が芽生えてきたのはよかったですよね。

風邪をひいたら休んで自分で治すしかないのです。
人にうつさないことも大切ですし。

 

風邪はひき始めが肝心と言いますが、まさにその通り!

初期のうちにウイルスの侵入を食い止め、免疫力でウイルスに打ち勝つしかありません。

普段から免疫力をつけ、ウィルスの侵入を許さないように自衛していれば、なおベターです!!

この免疫力は東洋医学では大昔から一番大切にしている未病治につながります。

まだ病気になってないうちに自分の力で治す、追い払う!

どんな病気にもあてはまりますが、とくに風邪の予防はセルフケアにぴったりです。

 

要はウィルスに付け入る隙を与えないようにしたらいいわけで、毎日の体調管理がいかに重要かということになります。

基本的な飲食や睡眠、服装や入浴、運動なども不可欠な条件となります。

毎日ギリギリ生活ではなく、無理をせずに余力を残していくことが鍵になるんですよ!

常に睡眠不足だったり、暴飲暴食傾向のある方、身体を冷やしている人は自らウィルスを呼び込んでしまいます。
よっぽどの体力、免疫力がある人でないと、どこにでもいるウィルスに負けてしまうことになりかねません。

 

では、具体的にはどんな日常生活が効果的なのでしょうか?

長くなってきましたので、続きは次回に(^^)/

体調管理して風邪もコロナも予防しましょう!

ご相談はいつでもどうぞ。

 

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA