不安な時にやるべきこと。

コロナ禍が長引くにつれ、緊急事態宣言には慣れてしまったけれど、デルタ株の感染拡大と聞くと不安を感じますよね。

ワクチン接種も予定通り進まず、オリンピックは始まってしまったし…。

この先どうなっていくのか見通しがつかず、まさに先行き不安

世界中の情報が瞬時に飛び交うネット社会でも、明るいニュースを見つけるのに苦労します。

もともと楽観的にハッピーに生きてきた人でも不安を感じることが多くなったのではないでしょうか。

ましてや、もともと不安を感じやすいたちの方々は・・・。

 

心と身体は密接な関係があるため、不安が大きくなると体調にも影響が出てきます。

呼吸が浅くなり、不眠に悩まされるようになり、消化器系に異常が出始めます。

心身ともに不調が続くと、さらに悪循環スパイラルに発展。

そんなピンチに陥ってしまっている方はいらっしゃいませんか?

 

不安を感じるのは警戒の意味があるので、起こり得る悪い出来事を回避できるというメリットがあります。
未来を予測できるからこそ、不安になるんですよね。

よくないことを避けて通るには不安という慎重さや警戒心が必要です。
さまざまな気配りができる人、神経細やかな人ほど不安は感じやすくなるのも当然ですね。

ただ石橋をたたいて渡るくらいなら安心につながりますが、不安のあまり石橋をたたき割ってしまうくらいの方もいらっしゃいます。

そうすると目的地どころか、前に進むことができなくなるのですよね。。。
未来につながらないのです。

 

誰だって不安を抱えることはあります。

あなただけではありません。
人間の自然な感情ですから。

(まだ起きていない)未来に先回りしすぎて不安になってしまうのですが、あまりに不安が大きすぎると未来が消えてしまうのです。
皮肉ですよね。

そんな時は心がザワついて余裕もなくなり、本領発揮できるような心理状態ではなくなります。

アスリートと同じように、先々の失敗や不幸にフォーカスするより、今この瞬間に集中するほうが実力を出せるものですよ。

未来は“今”の延長線上にあります。

不安を感じたら、“今”に集中してみませんか?

 

苦しい時は、今という時間、今この瞬間にフォーカスできれば、ただそれだけを続けていけばいい、と考えてみてください。

コロナで先行き不安を感じストレスで爆発しそうになる時、今この時間のことだけを考えてみませんか。
周りを見渡してみたら、悪いことばかりではないはずです。

ずっと会えてないお友達に絵葉書やカードを送ってみるのはいかがですか?
この時代に一生懸命の手書きメッセージは喜ばれますよ♪
コロナ禍が明けたら会う約束をしましょうよ。
誰かと気持ちだけでもつながることが不安を吹き飛ばしてくれます。

コロナに感染したらどうしよう?
不安や恐怖に駆られるのだったら、感染対策を再度見直し、これまでも十分できていることや感染していない事実を確認して安心しましょう。
今まで通り、ちゃんと予防していけば大丈夫!

妊活中だけど、妊娠できなかったらどうしよう? と不安で押しつぶされそうになっていませんか?
それなら今できることに集中してみてはどうでしょうか。
今できることがあるのに、将来のことを先読みしすぎて今が疎かになってしまうのは本末転倒ですよね。

 

不安を克服するには、“今”に集中することが一番効果的です。

今できること、今しかできないことにフォーカスしてみましょう。

今は過去の積み重ね、そして未来は今の積み重ねです。

不安で身動きが取れなくなる前に、今やれることを。
よりよい未来につながります。

 

最後に、不安な時のツボ押しはここですよ!!

↓ ↓ ↓

内関(ないかん)を親指でグッと押さえてみてくださいね!

 

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA