身体づくりを三日坊主で終わらせないために。

「新年の抱負」として決意しても、ダイエットやジム通い、早寝早起き、なんてルールは長続きしないものですよね(^-^;
人間だもの、やっぱりラクチンなほうに流れやすいですからね。

一度挫折したらそれっきりになるくらいなら、厳しいルールよりもモチベーションをはっきりさせるほうが軌道修正しやすいです。

その点、妊娠しやすい身体づくりや、大きな夢をかなえるため、というのは強力なモチベーションになります。

初心を忘れず、くじけてもまた再スタートできるのが正攻法の“養生”です。

目的は「1日も休まないこと」ではなく、ゆるゆるとでも続けて元気な身体をつくることなのですから。

中断しても、休憩しても、自分を責めずに、初心を思い出してまた始めればいいのです!

 

1.ダイエットするのはなんのため?

若い女性で「やせるとキレイになれる」と信じている方が多いですよね。
やせたら憧れの服も着れるし、モテるかな、なんて思っちゃうのですね。。。
それで無理なダイエットをして生理が止まってしまったり、身体を壊してしまったりする若い女性がいっぱいいます。
薬を飲まないと生理が来ない身体より、規則正しく自然に生理が来る身体のほうが将来絶対いいのにって、経験者のおとなの女性ならわかりますよね。
スリムなモデル体型でも骨がスカスカで貧血になってしまったら元気で長生きなんてできません!!
痩せすぎていても、逆に太りすぎていても健康的とはいえませんよね。
適正体重範囲内で、見た目はちょっとぽっちゃりくらいが一番健康的なんですよ。
長い目で見て、健やかで、体力的にも妊孕性(妊娠しやすさ)も、余裕のある身体を目指すなら「やせるためのダイエット」はしないことです。
理想的な身体をつくるなら、適切なバランスの取れた食生活を心がけてくださいね。
「〇〇だけ」「××抜き」のダイエットなんて忘れて、とにかくバランスよくいきましょう。
やっぱり和食中心でいくのがいいですよ!

 

2.ジムやホットヨガはなんのため?

こまめに通ってマシンや自転車をこぐのも最初のうち。
ホットヨガだって一か月に1回通えたらいいほうかな、なんて方が多いのでは。
無理しないとできないハードな運動は余計に活性酸素が発生するためにアンチエイジングの敵です。
若さを保つためだったり、体力をつけるつもりが、なかなか目的達成できずに退会してしまうものですよね。
筋力は使わなければ落ちますから、毎日の生活のなかで少しずつ鍛えていくのがいいのです。
まずはスニーカーを履いて1駅分くらいから歩いて出勤してみましょう。
駅や職場でもエスカレーターやエレベーターを使わずに必ず階段で!
休み時間にはストレッチをしたり、寝る前にヨガをしたり、まめに身体を動かしてみてください。
インストラクターを目指すのでなければ、ヨガ教室は数種類の動きを覚えるためだけに受講してみてください。
いくつか自分でできるようになったら、一つ覚えでも結構ですので、真面目にそればっかり毎日続けてください。
月に1回みっちり1時間レッスンを受けるよりも、10分でも毎日毎日やるのがいいのです!

 

3.早寝早起きはなんのため?

早起きは三文の徳って言いますが、どちらかというと早く寝るほうを基本にしていただきたいのです。
早く寝るために早く起きると言いますか、早起きして朝日を浴びることが質のよい睡眠を取ることにつながります。
睡眠は人間の生活に欠かせない、最低条件です。
睡眠時間を削ることは身を削ることにつながります。
週末に一日中寝ても睡眠不足を補うことはできませんよ!
睡眠4時間でもなんとか生活できるからといって、20年後、30年後のご自分がどうかなんて考えたことはないのでは?
忙しいと睡眠時間を減らすしかなくなるのですが、スマホやテレビなどの時間を減らす努力をしてからにしましょう。
そして、ストレスが多いと睡眠の質が落ちますので、時間だけ確保すればよいわけではありませんね。
ストレスとのつきあい方も大切になります。
上手にリラックスしてストレスを回避・発散できるように訓練が必要です。
ストレス対処法を身に着け、十分な睡眠を確保できるようにしていきましょう!

 

いかがでしょう。
毎日の生活をちょっとずつ変化させて、それをキープしていくのです。

無理せず、マイペースでいきましょう!

どうしても一人では続かない方は、コーチとして鍼灸師が寄り添います。
あなたに合った生活改善法を組み立てて、しっかり体質改善できるようにサポートします。

実りのある、いい一年にするために、あなたもいかがですか?
いつでもご相談くださいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA