子宮内膜症かもしれない?

十代の頃から生理が重かった、という方がけっこう多いですね。
鎮痛剤を飲まないと動けないとか、出血量が多すぎて毎月たいへん、貧血がひどくて、とか。

もしかして子宮内膜症ではないか?と疑ってみたことはありますか?

腺筋症も含めた子宮内膜症は近年非常に増えている婦人科疾患です。

これといった原因がいまだに特定できていない病気なのですが、罹患率が増加しているのは初潮が早くなったせいだとか、妊娠が遅くなったせいだとか、いろいろ言われています。

生理が起きるたびに内膜組織が反応して炎症したり出血を起こしたりするため、さまざまなところに病気が拡がり、ひどくなっていきます。
したがって加齢とともに病状が悪化していくことが多いのです。

それでも「十代はホルモンバランスが不安定なので、しばらく様子をみて」と放置されることもあるとか。
生理痛は他人にはわかりにくく、ひたすら我慢を強いられるケースも多々あります。

だから発見が遅くなるのですね。
ブライダルチェックまで待たなくても・・・

市販の鎮痛剤に頼って放置してしまうためにどんどん悪化して、ついにはチョコレート嚢胞が破裂したり、あまりの痛みに気絶してしまったり、といったこともあるのです。

月1回の数日をなんとかやり過ごせたとしても、将来的には良いことが何もありません。
今では子宮内膜症によって妊娠が難しくなることがわかっているのです。
放置すればするほど癒着が進むこともあり、通常の生理痛とは考えにくいような腰痛、排便痛や性交痛なども起きてくることがあります。

生理痛というのは、本来は無いのが正常で、いつもより少し下腹が重いかな?くらいな程度ですよ。
痛みがあるほうが異常なのです。

辛くても生理痛だから仕方ない、と思い込んでいませんか?

ですので、鎮痛剤が必要なほどの強い痛みが出るなら、一度は婦人科を受診していただきたいです。

子宮内膜症や子宮筋腫が隠れていることがよくあります。

どんな病気も早期発見が大事なのですから!
まずは一日も早くこれ以上悪化しないように手当をしなければ!!

また、なかには激しい痛みや出血量の異常などを伴わない場合でも内膜症を発症していることがあります。

つまり、これも定期的な健康診断の一環と心得て、婦人科の診断も受けてほしいのです。

 

西洋医学では病気の原因が特定できませんが、東洋医学では内膜症は血流の悪さ、あるいは血流が悪くなる体質が原因だと考えられています。

なぜ血流が悪くなるのかというと、ストレス、食生活、冷え、などに分類されますが、たいてい複数の理由が重なり合っているのです。

東洋医学的な診断では、若い頃まで遡って生活習慣を洗いだしたり、ストレス環境を掘り下げていったり、時間をかけて原因を探ります。

体質的な遺伝もありますし、親子関係のもつれというか、母娘の確執などもよく見かけますね。
ストレスで気血の流れが乱れるのは当然なのです。

そのうえで、診断をしたら即治療を開始できるのが東洋医学のメリットです。

治療といっても、かなり重症化してしまっている場合は西洋医学的な治療のほうが早いのは事実。
手術などの処置が必要なケースもありますから。
また、薬物療法や偽閉経療法などが適用になることもあります。

妊娠を希望する場合、内膜症の治療は真っ向から対立してしまうため、どちらを優先するかはケースバイケースで判断しなければなりません。

ですので妊活を考えているなら、まずは現状把握が最優先ですよ。

そのうえで、治療法にかかわらず血流をよくしていく体質改善を続けるのが最善と考えています。
なぜなら、西洋医学的な治療法では血流改善は難しく、どうしても対症療法になってしまうからです。

短期的に体質がゴロっと変わることはないので、地道にコツコツと取り組むことが大事です。

鍼灸治療は、なるべく症状が悪化しないように、なるべく再発しないように、なるべく妊活を邪魔しないように、ということを念頭にやっていきます。

できれば本格的に妊活を始める前からされるほうがいいですし、十代二十代から将来のために体質改善をスタートされていると更に効果的です。

すでに妊活を開始して内膜症の治療をしない場合も、重い生理の軽減を目指すことも可能ですよ。

「妊娠することが内膜症の一番の治療」 と言われてショックを受けてしまうベビ待ちさんもいらっしゃいますよね。

妊娠できないから不妊治療してるのに・・・。

しっかり治療すれば、子宮内膜症でも妊娠は可能ですよ(^^)/

いつでもご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA