不妊治療中なら年末年始は気を付けて!

イベントシーズンの到来で、これまで守ってきた規則正しいベビ待ち生活が音を立てて崩れていくのを黙って見ているのは悲しいです。

今までの努力が水の泡にならないよう、できるだけ抵抗したいものですね。

どんなところに留意していったら身体を守れるのでしょうか?

無理せずに、華やいだ雰囲気は楽しみたいですしね!

年末年始はパーティや宴会などの機会が増えます。

公私ともに交流範囲が広い方は引っ張りだこかもしれませんね。

でも、つきあいよく全部に顔を出していたらどうなってしまいますか?

連日連夜、飲みすぎ、食べ過ぎ、翌日は完全に寝不足の二日酔い、基礎体温もガタガタ、おまけに風邪ももらってしまい・・・ なんてことになっては妊活どころじゃありません!!

べび待ちさんなら、ちょっと控えめに、ダメージがないようにしたいです。

まず、参加する回数を減らしましょう。

できるだけ厳選してください!

どうしても参加しないといけない会だけを選ぶようにしてくださいね。

参加したほうがいいとしても、楽しくない集りはパスしましょう(^^)/

そして、一次会だけで帰りましょうね!

つきあいよく、二次会も三次会も参加しなくていいんです。

厳選して参加したら、今度は中身にも注意が必要ですよ。

妊娠の可能性がある方はノンアルが当然ですね。

妊活途中の方は、ビールや氷入りの冷たいお酒は控え、赤ワインや焼酎お湯割りにしておきましょう。

できたらノンアルのほうがいいのですけれども(;’∀’)

ウーロン茶だって、氷入りしかなければ困りますよね・・・

「氷なしで!」とオーダーするのを忘れずに。

食べ物ですが、もし選択権があるのでしたら、和食を選びましょう。

そうでなくても、できるだけあっさり系がいいですね。

バイキングは避け、量より質でいってください。

選択の余地が無い場合は、量を抑えるしかありません。

全体的に宴会用のメニューは見た目のインパクト重視で、中身は??

のことが多いですから。

とくに若者向けパーティ・フードはボリュームがあり、脂質も多く、味付けも濃いですから注意が必要ですよ。

胃もたれや、消化不良を起こし、後で響いてきます。

せっかくこれまでがんばって食養生してきたのに!!

ここまで書いてきたものの、やっぱりたまには羽目を外したい、という気持ちも理解できます。

楽しく華やいだ時間を過ごし、ストレス発散! の意義も大きいものですよね。

そういうときのために、普段の養生があるのですから。

たまの不養生のための、いつもの養生ですよ!

なし崩しにならないようにしてくださいね(^^)/

そんなお楽しみの時間を過ごした後は、ちゃんと身体のケアをしてください。

いつになく大きかった胃腸の負担を減らし、疲れを取ってあげたいもの。

ヨガのポーズにあるのですが、正座をくずしてお尻を落とした姿勢から

両肘をつきながらゆっくり上体を後ろに倒していき、背中を床につけます。

両腕も上に上げてバンザイしてみましょう。

腰が浮いていると思いますが、吐く息に合わせてなるべく腰も床に近づけるようにすると太ももから身体の前面が伸びますよね。

この身体の前面には胃の経絡(気の通り道)がありますので、ここを伸ばして刺激することで胃腸の働きを活発にし、消化を助ける働きが増します。

そして足の三里というツボを指圧するのもおすすめです。

わからない方はお尋ねくださいね。

あとは、よく歩くことでも消化機能を早く回復させることができますが、連日のように食べ過ぎてしまったら、なかなか追いつきません。

胃腸のために、次の日はできるだけ小食にしてあげてくださいね。

鍼灸では、年末年始のシーズンはお腹の健康を保つための治療に重きを置きます。

胃腸の健康は身体全体の調子を左右しますから。

それこそ、妊活にも影響しますよ!

ひたすらお腹のお掃除に専念します。

よかったら、あなたのお腹も鍼灸の力できれいにしませんか(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です