妊活とコミュニケーション

コロナ禍で出生数にも影響が出たとのことですし、確かに落ち着くまで妊娠出産を控える動きがあります。

とはいえ思いのほか長期化しているため、いつまで待てばいいのか不安が募りますよね。

とくに女性にはタイムリミットもありますし、しびれを切らして妊活を(再)スタートするご夫婦もあるのではないでしょうか。

晩婚化が進んで、できるだけ早い妊娠を望んでいる方も多いですしね。

いつまで待っていたら落ち着くのか見当もつきませんから。

 

妊活をスタートするにあたって、現在こんなご時世ですし、今後もウィズ・コロナ生活はずっと続きそうなので、今後の妊活について考えておいてほしいことがありますよ。

新型コロナウィルス感染症(covid-19)については、最初はまったく未知のウィルスでしたが、これまで少しずつ解明されてきています。
それでもまだ不明な点が多いですよね。

まずは感染を回避することが最優先です。
自分自身のためでもあり、大切な家族も、そして医療現場を守るためでもありますよね。

“慣れ”で甘くなりがちですので、感染予防の基本をしっかり思い出して実践してくださいね!

 

現在は不妊治療の専門クリニックでも感染予防の措置が厳しく取られています。

妊娠したら、次は妊婦検診や出産でも影響は出るでしょう。

ワクチンについても、まだ見通しがつかず、接種が可能になる時期が妊活中になるのか、妊娠後になるのか、現時点ではわかりませんよね。

不安定要素が多々あるので、知識もないまま「なんとかなるでしょ」で妊活に突き進むのはリスクがあります。

いろんな情報を集めて、ご夫婦でよく話し合っておいていただければ安心ですよ。

 

そうなんです。

妊活には、ご夫婦の密なコミュニケーションが必須なのです。

残念ですが、女性が一人で動いて、男性は事後報告を聞くだけ、言われるがまま、というカップルがとても多いですよね。

なかには男性側の検査もしぶって受けなかったり、妊活に対する温度差に怒りや悲しみを感じて涙する女性も少なくありません。

妊活から妊娠・出産に至るまで、どうしても実際に物理的には女性側の負担が多いので女中心になりがちなのは理解できますが、気持ちのうえでは足並みを揃えていただきたいものです。

初期の自己タイミングなどの段階では気にならなくても、だんだんとすれ違いや問題が出てくることが多いので、お二人で対処できるよう最初からしっかりとコミュニケーションを取っていくことが大切ですよ。

とくにコロナ禍だからこその影響も考慮して。

 

すでに冷戦状態だったり、ケンカが多くなったりしていても、どうか諦めずに話し合いをしてくださいね。

妊活で一番大事と言っていいのはご夫婦の協力体制だと思っています。

さまざまな思いを共有して、役割分担しながら責任のある行動を取っていくことが妊活、そしてその後に続く子育てや家庭生活の豊かさにつながっていくのではないでしょうか。

男性にとって、女性の身体のことや妊娠に至るしくみや約束事など、わからないことが多くて腰が引けてしまうのももっともだと思います。

でも、わからないからといって妻に頼ってしまう、甘えてしまうのは、女性側の負担を余計に増やすことになりますし、負担増は不満増、不満や怒りの矛先は夫に向かいます。

妻の望むようにとサポートにまわっているつもりが、逆にストレスの原因になってしまうことも。

そうしたぎくしゃくした関係に陥るカップルは少なくないですし、その後の妊活にも、治療が功を奏して妊娠できても、その後の育児や家庭生活の分担などに問題を抱え続けていくことになりかねません。

 

妊活の期間は“親”になるためにお二人の協力関係を築くチャンスなんです。

日々の慌ただしさ、仕事の忙しさなどに流されてしまいがちですが、お二人の将来のために、お二人でしっかりコミュニケーションを取ってください。

今、対等な立場でとことん話して理解し合えないと、将来たいへん困ることになりますよ~!

少なくても、その土壌づくりをしていきましょう。

それが前提の条件だと思ってくださいね。

妊活をスタート、再開する前に、ぜひ(^^)/

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA