不妊治療を始める前に《第一弾》

不妊治療の保険適用元年の今年、思い切って本格的な妊活に踏み切るご夫婦も多いですね。

もともとの治療費が高い体外受精だと3割負担でも躊躇してしまうかもしれませんが、人工授精だったら気軽に挑戦してみようという気になれそうです。

これまで縁が無いと諦めていた方々がトライできるなら大きなメリットになるかと思います。

人工授精は男性側の要因があるカップルにとくに有効な面もあるので、そうしたご夫婦には助けになりますね。
(不妊の原因は男性も5割です)

より費用がかかる体外受精にしても、早めに挑戦できる方が増えるといいですね!

 

というわけで今年は妊活人口が増える可能性があるわけですが、その波に簡単に乗っかればいいというわけはないかと思います。

いざ治療のサイクルに入るとなかなか立ち止まるのが難しかったり、思ってもみなかった壁にぶち当たったりすることもあるのが不妊治療です。
100%の方に即効でよい結果を出せるわけではないのですから。。。

その時になって非常に悩む瞬間があるんですよね。

(たくさん見てきました・・・)

そこで、後々に困らないよう、後悔することがないよう、最初に押さえておいていただきたいことをお伝えしたいと思います。

まずはこちらの記事をご覧ください↓

https://rumishinkyuu.com/page/faq/cat1/basic4.php

 

まず最初に、本格的な妊活に踏み切る前に、ご自身の大筋の“人生設計”について考えてみていただきたいのです。

現代女性の一生は一昔前より選択肢が増えていますよね。

仕事に就いてキャリアを積むのも一つの選択です。
専業主婦になって家庭を切り盛りするのもそうです。
どちらもバランスよく、というのもアリですよね。

人生は必ず自分の決めたとおりに、完璧な理想通りに進むわけではありません。
それでもまったくノープランで流されていくのと、だいたいの方向性を持っているのとでは違ってくるでしょう。

予想外な出来事や番狂わせな事件は必ず誰にでも起こるのですが、そのたびに自分の進む道を見失わないことが大事なんですよね。

 

妊活するのは子どもを授かることが目的です。
でも、その子どもには子どもの人生があるということを忘れないでくださいね。

というのは、あなたの人生・世界を子どもだけに占領されず、あなた自身が主役の長い人生として考えていただけるといいなと願っています。
子どもはいずれ巣立っていくものですからね(^^)

妊活真っ最中は目の前のことに集中しているので、とにかく妊娠することが一番の目的になりがちです。

でも、実は妊娠してからがスタートでもありますし、無事出産したらまたそこが新たな出発点になるんです。

そして「人生百年時代」なので、子育て期が終了してもまだまだ先は長いのです!

 

将来、いろんな場面で選択を迫られることがあるかもしれません。

仕事と妊活、仕事と子育て、仕事と家庭、、、などの“両立”が大きな課題となることが多いんです。

そんなときが来ることを前提に、妊活をスタートしてくださいね。
予期していたら、ちょっと余裕ができるので、慌てて結論を早めるリスクが減りますから。

軌道修正がしやすいように、一番大事にしたいことをはっきりさせておきましょう!

妊活は、よい結果を信じながら、同時にリスクも踏まえながら、前に進んでいかないといけないですね。

ことあるごとに、“自分自身の根本”を思い出してください。

ご自分を見失うことなく、幸せなベビ待ちライフを送っていただくよう願っています。

悩んだ時はどんなときでも、不妊カウンセラーにご相談ください!

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA