男性にも更年期のお悩みが!

更年期

女性のお悩みのイメージで固定しているわりには、実際の症状は個人差が激しいものです。

平均50~51歳の閉経をはさんで前後5年、合計約10年くらいを更年期と呼びますが、人によって全然違います。

40代からの女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因なんですが、一定に右肩下がりの減り方をするわけではなく、波があるのでバランスが乱れて不調の原因となります。

ホルモン+心身の反応によるので、なかには気づかずに通過する方もいらっしゃいますし、仕事も家事もできなくなるくらい重い症状に苦しむ方も。

生活に支障が出るレベルの更年期障害更年期(のお年頃)を一緒にしてはいけないです。

そして固定観念はよくないねの路線でいうと、男性にも更年期があることを知っていただければと思います。
男性自身もご存知ない、症状が出ていても気づいてない、ということもあるんですよ!

 

女性の更年期症状がホルモンの影響であるのと同じで、男性もホルモンの影響を受けます。

男性ホルモン、テストステロンですね。

“男性らしさ”のもと、テストステロンのピークは20歳頃で、そこから加齢とともに徐々に減少していきます。

ゆっくりなので気づきにくいというのはあるかもしれません。
女性のエストロゲンの減少よりも、本来はなだらかなカーブを描いて減少していくものです。

そして、だいたい40代から、50~60代で症状を自覚して訴える方が増えます。
男性の更年期はけっこう長くて、70代でも症状を訴える方がいらっしゃいますよ。

性欲の減少やEDなどの男性機能の低下だけでなく、女性にありがちな症状が出てくることが多いのですが、単なる老化現象と受け止めがちなんですよね。

のぼせや多汗、肩こりや関節痛、頭痛やめまい、頻尿など、まるで女性の更年期症状ですよね。
そして精神症状としてイライラや記憶力の低下、不安や無気力などのうつ症状が出ることも多いです。

ひどくなると生活習慣病のリスクが高まり、心筋梗塞、脳梗塞、がんなどの心配も出てきますよ。
とくにEDは動脈硬化の予兆のことがありますので要注意です。

女性の身体がエストロゲンで守られているのと同様、男性もテストステロンで守られているんですね!

「もういい年だから仕方ない」 と諦める方も多いかもしれません。

ですが、男性更年期障害(加齢男性性腺機能低下症=LOH症候群)を放置していると重症化してしまうこともありますので、多岐にわたる症状があるようでしたら泌尿器科を受診されることをお勧めします。

テストステロンの減少については速さや度合い、時期などに個人差があります。

50代頃の男性は社会的な立場としても責任が重くなったり、家庭でも子どもや親世代の心配なども増えてきたり、いろいろとストレスにさらされることが多い年代です。

そうしたストレスがテストステロンの分泌に影響し、LHO症候群を悪化させることにつながりがちです。

働き盛りだからといって無理を強いているとますますキツくなりますよ!

中高年の自殺者で男性が多いのは、LHO症候群で抑うつ傾向が悪化しても弱音を吐けないのが原因となっているかもしれません。

ストレスのせいで40代から急に症状が出てくる方もいらっしゃいます。

40代といえば男性も妊活世代です。

男性不妊の原因は更年期かもしれませんよね!

 

女性のみなさんも、「閉経するわけでもないのに!」 と夫に厳しい目を向けがちですが、女性同様に更年期なんだと認識しておいていただければと思います。
「更年期仲間だね」 と暖かい目を向けてあげてくださいね!

そしてお互いに労わりあって、ストレス軽減を目指して協力し合っていただきたいです。

睡眠障害や疲労感を放置しないようにしてくださいね!

養生してください(^^)/

パートナーの方の不調についても、いつでもご相談くださいね。

 

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA