タバコを止められないのは何故?

妊活するなら禁煙は常識です。
有害物質の宝庫ですし、血流を悪くするので
タバコは1本でもダメです。
女性はもちろん、男性も同じくです。
それでも止められない方はいらっしゃるようです…
何故でしょうね?


母親が喫煙していた赤ちゃんは低体重児となる可能性があります。
早産の危険も。
単に少し体重が軽いというレベルに留まらず、
超未熟児で生まれる危険があるのです。
命は救えても、さまざまな重篤な障害が残ることがあります。
成長しても身体が小さいことや、喘息や気管支など呼吸器系
問題が出ることがあると指摘されています。
喫煙すると胎児への酸素供給が途絶えるため、
さまざまな影響が出るのです。
女性の場合、自分のお腹の中で赤ちゃんを育てるため
直接的な影響を恐れてキッパリ禁煙される方は多いです。
まだ妊娠が判明する前の初期の時期が特に危険なため
妊娠がわかってから禁煙する、では遅いのです。
赤ちゃんがほしいと思った時点で止めるのが得策です。
でも男性は、なかなか止められないようなんですね。
止める気が無い方もいらっしゃいますし(+o+)
「お腹で育てるわけじゃないし、直接関係が無い」
「喫煙してても子どもができてる男はいっぱいいる」
「そうまでして子どもを欲しくない」
止めたいけど止められない方はまだ可能性がありそうですが
(医療にかかるなど、禁煙法はたくさんありますから)
上記の方々は難しいですよね。
辛い禁煙をしてまで子どもはいらないということなら
他人が口出しすることでは無いような気もします。
子どもを持つ・持たないは本人の選択ですから。
子どもよりタバコを取るのは本人の自由です。
ただ、ご夫婦お2人の子どもさんのことですので、
パートナーの方と意見のすり合わせは必要ですよね
もし相手が、どうしてもほしいと願っていたら・・・?
十分話し合いはできているでしょうか。
一方的に我を通していいところではないと思います。
とことん話し合って、お二人とも納得がいく結論を
出していただければと思います。
そして、「タバコと不妊は関係ない」と主張される方には
反論しなければなりません。
タバコに含まれる大量の有害物質は精子に悪影響を及ぼします。
確実に。
こちらをぜひ読んでくださいね
 ⇒ http://ameblo.jp/matsubooon/entry-11363518427.html
   「タバコの影響:精子」
お子さんがほしいのであれば、
できたら赤ちゃんが元気に生まれてきてほしいですよね。
タバコを吸うことは精子への虐待、ひいては子どもへの虐待だ
と言われるドクターもいらっしゃるぐらいです。
ネットで検索してもらえば、お腹の赤ちゃんへの影響は
目を覆いたくなるほど恐ろしい写真とともに、
情報はいくらでも出てきます。
全員そうなるということではなくても
そうなる確率が高くなるのは事実です。
よくよく考えてくださいね!
わざわざリスクを増やすほうを選択しますか?
副流煙も影響はありますので甘く見ないでくださいね。
もう一度言いますが、タバコは卵子にも精子にも悪影響を及ぼします。
お酒は量さえ守ればそれほど毒にはなりませんが、
タバコは1本でも毒です。
妊活するなら、禁煙は必須ですよ!!
パートナーの方は妊活には反対を唱えていなくても、
喫煙を止めないという手段で抵抗しているのかもしれません。
本心では、子どもはほしくないというメッセージ?
なのかもしれないのです。
タバコのせいにして、その気持ちを言いたくないだけかも
ちゃんと向き合って話し合ったほうがよさそうです。
パートナーの方が禁煙してくれなくてお悩みの方は
ぜひご相談くださいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です