卵の質を向上するには?

お子さんを希まれるカップルにとって体外受精は画期的な治療です。

以前は諦めるしかなかったご夫婦も、今では我が子を抱ける可能性が出てきました。

体外受精による妊娠は近年激増し、今では出生する赤ちゃんの16人に1人となっています。

不妊に悩む方々にとっては恩恵とも言えますね。

ただし、出生数自体が激減していますし、実際には体外受精を受けても確実に妊娠出産できるという保証はありません。

少子化の傾向はもうずいぶん前から始まっていましたが、すでに打つ手がないほどと言われています。

主な原因としては晩婚化や結婚しても産めない社会的な事情、その結果として妊活高齢化にあります。

妊娠出産に最も適した年齢は20代ですが、現在ではまだ学業の途中だったり就職したばかり、その後もキャリアの確率のために何年もかかります。
自立して家庭を築くことが可能になるのは30代後半以降、あるいは40代ということも珍しくありません。

やはりそうなると生殖面では不利になるのが当然で、近年卵子の老化や精子の異常が注目を浴びてきた通り、子づくりは容易ではありません。

40歳の女性の卵子も40歳。
男性だって、精子は毎日作られるとはいえ、質は着実に落ちてしまうのですから。

 

でも、老化・質の低下は年齢だけのせいでしょうか?

女性の持つすべての卵子が妊娠不可能になるわけではなく、なかにはまだ質のよい卵も残っているのです。
そんな卵をさらに老化させない努力はしてみる価値があるのではないでしょうか?

男女ともに、若い頃からの過労や不摂生は確実に生殖機能を弱らせます。
生活自体は問題なく送れるレベルの健康体だと気づきにくいのですが、習慣となった睡眠不足や、暴飲暴食、運動不足など、生殖機能に悪影響を与える要因は身に覚えがある方が多いのではないでしょうか。

映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』でアラフィフのヒキタさんが妊活を始め、大好きなサウナをやめ禁酒や運動など、さまざまな努力を重ねた奮闘ぶりは印象的でした。

高齢でも、努力によっては元気な精子が生まれ、妊娠も可能性が出てくるということですね。

そして女性に残存する質のいい卵子と出会うことでめでたく妊娠が成立し、不妊治療のためのたいへんだった準備が報われるのです。

残念ながら、いくら先進医療とはいえ体外受精を受けても卵子や精子の質はよくなりません。

質にこだわるなら、ご自身も生活改革をされるのが一番なんですよ!

何度も高価な治療を無為に受けて挫折する前に、できることは挑戦してみる価値があります。

あなたが改革すべきなのは何? どこでしょう?

諦める前に、一緒に探して、がんばってみませんか?

卵の質向上を目指したい方はぜひご相談くださいね(^^)/

可能性を少しでも上げるために!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA