不妊の「原因不明」を諦める前にできることは?

「そろそろ不妊治療を」と専門クリニックを受診し、検査を受けた結果、特に何も問題が見つからなかった、という方は結構いらっしゃいます。

「だったらなぜできないの?」と釈然としませんよね。

このまま病院で不妊治療を続けていけば妊娠できると信じていいのでしょうか?

半信半疑な方にご注意いただきたいことがありますよ!

日本ではさまざまな社会的要因で晩婚化のため、当然晩産化が進んでいます。

男女ともに30代後半、40代で初婚のカップルが増え、条件的に自然妊娠が厳しくなっているものの、社会環境や生殖に関する教育の歪みから、不妊と直面する当該夫婦が厳しい現実を受け止めなければいけなくなっています。

卵子の老化を突き付けられた女性からは「もっと早く教えてほしかった」という声もたくさん聞かれました。

ただ、時間を取り戻すことはできないものの、今できることに力を注ぎたいと考えるのは当然で、だからこそ、もっと具体的な不妊原因を求めてしまうようです。

何が問題なのかがわかれば、その解決に向けて動きだすことができますから。

とはいえ、もっと詳しい検査を受けても卵子の老化以外に見当たらない場合、途方に暮れてしまうのです。

何度も体外受精を繰り返しても結果が出ない。

どうしたらいいのか?! 悲鳴が聞こえます。

原因不明。問題が無い。

確かに現時点での最新の生殖医療技術をもってしても、わからないことはあるはずだとは思います。

ひょっとしたら10年、20年先には究明されていることもあるかもしれません。

振り返ってみても、近年の医療分野の進化は目覚ましいです。

以前は原因不明で無理だった方が、原因が解明されて妊娠可能になったのは運がよかったせいもあるかもしれません。

昔のことを思えば、人工授精も体外受精も画期的な進歩ですよね。

最先端の治療を受けられるのは時代も運もあるはずです。

では、原因不明の際は、今は何もできることが無いということでしょうか。

「運」が無かったと諦めるしかないのでしょうか。

いくら卵子の老化といえども、残存する卵がすべて劣化しているわけではありません。

なかにはまだ妊娠成立が可能な卵も混ざっているのです。

だから、原因不明を諦める前にやっていただきたいことがあります。

あなたの今の身体は、あなたが食べたものでできています。

あなたの身体のコンディションには、あなたの睡眠状態も関係しています。

飲食や睡眠(過労も含めて)の状況を振り返ってみてください。

乱れはありませんか?

改善の余地はありませんか?

まずはここだけでも整え、改善の努力をしてみませんか。

なぜなら、現代人は高齢化だけではなく、暴飲暴食や睡眠不足の悪影響によって妊娠するには条件が悪い身体になっていることが多いのです。

飲食や睡眠は身体の基本です。

身体をつくる条件は他にもいろいろありますが、多くの方は基本のこの2つがないがしろになっているようです。

ご自身のこれまでの生活を振り返ってみてくださいね。

こんな簡単なこと?!

むしろ、簡単なことこそないがしろにしてはいけないのです!!

お食事の内容や時間、食べ方、いかがですか?

ちゃんと規則正しい生活をして、しっかり睡眠を取っていますか?

若い頃からこれまでの生活習慣を思い出してくださいね。

反省すべきところがある方は、変えるなら今ですよ!!

それと、生活を見直すと同時にできることをもう1つ。

東洋医学的な体質判断を受けてみてください。

西洋医学では原因が見つからなくても、東洋医学だと原因がわかることがかなりの確率であるのです。

(原因は生活の中に潜んでいることが多いからです)

東洋医学的な診断がついたら、改善に向けての方向がわかりますよ。

食生活などのアドバイスも積極的にさせていただいています。

原因不明の暗闇から一歩あゆみを進めるためにも、体質判断を受診してみてくださいね(^^)/

いつでもご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です