不妊治療のこだわりどころ

一言で「不妊治療」と言っても、幅が広すぎるかもしれません。

レベルアップを含めて一連の治療の流れに沿って進めていくのがスタンダードとなっています。

かし流れに乗らずに自身の望みを貫きたい方もあり、こだわるポイントは人それぞれです。あなたは、どこにどれだけこだわりますか?

不妊症で鍼灸院を受診される方は、必ずしも自然妊娠だけを希望されるからというわけではありません。

確かに、病院での治療は一切受けたくないので鍼灸や漢方など代替医療を試される方はいらっしゃいます。

もともと鍼灸を受けた経験がある(小児はりも含め)とか、東洋医学がとても好きとか、自然にこだわる方ですね。

でもむしろ少ないほうだと言えます。

病院にかかられていて、なおかつ鍼灸も良いと聞いたから、と試してみる方が今は多いのではないかと思います。

病院での不妊治療はタイミング療法→人工授精→体外受精(顕微授精も)、という流れがありますが、だいたいの方が一定期間を経て、最後までステップアップされていくことになります。妊娠がかなわなければ。

途中で何度も選択と決断する場面があり、インフォームドコンセントを経て先に進みます。

不妊治療の仕組みはみなさんよく理解されているので、クリニックを受診する前に治療の希望を明確に持たれている方も少なくないです。

クリニックでの不妊治療を開始するに当たって、やはりご夫婦でしっかりと話し合い共通理解・認識のもとで方向性を決めておかれることをおすすめします。

ただし、諸々の検査で思ってもみなかった問題が明らかになることもありますし、その結果や対処法を踏まえて柔軟な対応を迫られる場面も出てきます。

かたくなになっていると、せっかくのチャンスを逃すこともあります。

筋腫や卵巣嚢腫などが原因となっているのが判明すれば、手術を受けることも考慮していただきたいですし、糖代謝や甲状腺機能の問題が分かれば、的確な治療を受けていただきたいのです。

クリニックでの検査を受けなければわからないことなので、一度も受診されてなければ、何か問題が隠れている可能性が否定できないのです。

たまに「できるだけ自然に」と「自然」にこだわる方がいらっしゃいますが、現代人のカラダ自体がもう昔の自然体とは違ってきていますし、生活環境も、とても自然体そのものではありません。

もちろん心情的にはわかるのですが・・・。

命の領域に人の手が入ってしまうことに拒否感を抱く方が多いのですが、逆にもし命が危険にさらされたら医療にかかるのが当然の現代ですから、それは拒否する形はいらっしゃらないですよね。

そのなかで妊娠や出産だけ自然体を貫くことに違和感を感じます。
むしろ不自然。

考え方はさまざまですので、できるだけご意思に寄り添っていきたいと考えていますが、よくよくお話をうかがってみると、検討の余地がある方もいらっしゃいます。

かたくなにならず、視野を広く持っていただければと願っています。(意外とこだわりの理由があまり見つからなかったりもするのですよ)

思い込みや誤解で損をすることがないように...。

お二人で納得がいくまで話し合っていただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です