不妊治療中はアイコスで?

不妊治療するなら、まずは禁煙。それが基本ですね。
最近は画期的な新型タバコということでiqos(アイコス)が流行の兆しです。
これなら従来のタバコと違って健康的だから、妊活中でも可では?
と考える人が増えているようです。
ほんとうに健康的で、不妊治療に不利にはならないのでしょうか?


タバコがやめられないのは本人の意志が弱いからではなく、依存症なのですから、本人の「やる気」に任せず、禁煙外来にかかるのが確実ですし、早いです。
嗜好品と呼びつつ、嗜好の域を超えて依存症になっているのですから。
身体に悪いとわかっていてもやめられないものですね。
では、身体に悪くなければ、やめなくてもいいのでは?
というわけでアイコスが登場して人気が出てきました。
本体が一万円くらいするので、浸透するのに時間はかかりましたが、ここにきて急に利用者が増えたように見えます。
アイコスは加熱式のタバコです。
火を使わないため、燃焼によって発生する発がん性物質を”ほぼ”カットできるので、そこが画期的なのですね。
また、副流煙が出ない、壁紙などへの着色も無い、といったメリットもあるそうです。
いいことづくめ?
確かにタールやホルムアルデヒドなどの発がん性物質が除去できるのならいいですよね。
魅力的です。
副流煙が無ければ家族の健康も守れる、というものです。
それでも、アイコスもれっきとしたタバコなのです。
つまり、アイコスを吸えば従来のタバコ同様、ニコチンを体内に取り込むということです。
タバコの依存症はつまりニコチン依存症ですね。
アイコスに切り替えても同じです。
やめられないですし、軽く感じさせるせいか、かえって量が増える方もいらっしゃるそうです。
男性の身体への影響としては、ニコチンは血流を阻害して勃起障害を起こし、また精子の質を劣化させ、運動率も低下させます。
アイコスだから安心! ということは絶対ありません。
不妊治療するなら、普通のタバコも、アイコスも、1日も早くやめていただきたいです!
お願いします。
体質が変わるのには、最低3か月はかかります。
だんなさんが完全に禁煙して、ちょうど3か月後に自然妊娠されたカップルがありました。
残念ながら、不妊治療は女性が孤軍奮闘されるケースが今でも多いのが現状です。
女性は不妊治療のあらゆる段階で主体的に関わる必要があります。
検査の時点から痛みや苦痛を伴う処置にも耐え、生活面においても卵子の質を上げることに一生懸命です。
時間も労力もかけて不妊克服のための努力をされています。
いっぽう男性は物理的に不妊治療に関われるパートは女性より少ないかもしれません。
だからこそ、男性としてできることの代表禁煙は大きな貢献になるのではないでしょうか?
精子の質を上げる努力として、その代表が禁煙です。

他にもやっていただきたいことはありますが、まずはそこからですね。
アイコスは煙は出ませんが、やっぱり臭いはするのです。
それが喫煙しない人にとってはイヤなものであるのは間違いないです。
アイコスだからいいね」とはいかないのですよね。
パートナーのためにも、自分自身の将来のためにも、お二人の赤ちゃんのためにも、禁煙しましょう。
一人ではなかなか達成できないものですので、病院でサポートを受けるのがおすすめです。
総合病院のほか、内科や循環器科、外科、心療内科、耳鼻咽喉科などに禁煙外来がありますよ。
約3か月間、保険適用で自己負担1万3千円~2万円ほどで受けることができるそうです。
3か月間のタバコ代と比べてみてくださいね。
妻がどんなに懇願しても実行してくれなかった禁煙を自ら決行することが、どれだけ妊活女性に力を与えることになるか。
それこそ、プライスレス! ですよ。
その価値が一番高い気がします。
二人で不妊治療。
二人で妊活。
二人で一緒に、赤ちゃんを授かりましょう。
こちらの記事も併せてお読みください(^^)/
「タバコを止められないのは何故?」
 ⇒ https://rumishinkyuu.com/page/faq/cat1/86.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です