妊活を支える基礎力とは?

いまや、不妊で悩むカップルは5組に1組。
そして体外受精を受けて生まれる子どもは全国で18人に1人。

その陰には、治療を受けても子どもを授からずに妊活・不妊治療を断念した人がたくさん存在するのです。

体外受精の件数は増え続けているのですから・・・

2019年の出生数は予測を下回る90万割れで、少子化は加速度が増しています。

 

どうしたら希望通りに妊娠出産して妊活を卒業することができるのでしょうか?

高齢妊活化の影響で、不妊治療を受けても妊娠できない方は多いのですが、一番妊娠できない傾向の人はこういう方だと聞きます。

「何か/誰か(不妊治療や医療者に)頼って丸投げしてしまう人」

やはり誰か任せにせず、主体的に関わることが大事なのでしょうね。

不妊専門クリニックで体外受精を受ければ大丈夫、ということではないのです。

 

だったら、どうすれば妊娠できるのか、ですよね。

それはやはり基本に立ち返って、基礎からしっかり、に限ります。

自己タイミングでゆるやかな妊活をするにも、基礎は絶対必要です。

そして、不妊専門クリニックで高度生殖補助医療を受けるとしても、まずは基礎を押さえてから。

妊活に限らず、なんでもそうかもしれませんが、基本は大切ですよね!!

 

では、基本とは何かというと・・・

◆「栄養/水分」
◆「睡眠/休息」
◆「衣服/温度管理」
◆「運動/リラクゼーション」
◆「排泄」

いずれにも“適切な”という形容詞がつきますね。
量が多いほどいい、ということではありません。

そしてどれが1番ということもありません。
どれも等しく重要ですが、人によっては優先順位が高いものがあるかもしれません。

その方の生活習慣や持って生まれた体質などが関係してきます。

巷には情報があふれていて、「〇〇はできるだけたくさん」といったノウハウが飛び交っていますが、すぐに鵜呑みにはしたくないですね。

「水分はたくさん摂らないといけないと聞いたので、できるだけ飲むようにしている」 という方が多いです。
便秘症なので下剤を飲んで解消しようとしている方もたくさんいらっしゃいます。

水の飲み過ぎで浮腫んだり身体が冷えたりしている方をよく見かけます。
お通じのペースだって人それぞれですし、無理して出そうとしないほうがよい方だってありますよ。

どの項目が行き届いていないか、ちょっとご自身を振り返ってみてください。

誰かに聞いた・どこかで読んだ話に踊らされていませんか?

あなたが取り組むべき基礎は何でしょう?!

 

私の大きな役目は、基本がちゃんと押さえられているか確認したうえで、お一人ずつ何が必要なのかを見極めて、基礎固めにしっかり取り組むお手伝いと心得ています。

まずはそこからスタートしなければ、質のよい卵は育たないのですし、着床もできないのですから。

妊活に不可欠な、基礎力のある身体を作ることから始めましょう(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA