不妊治療にダイエットはなぜ必要?

不妊の原因はさまざまですが、器質的な病気・問題が何も無い場合は厳密に原因を特定するのが難しいです。

でも、体重の問題が明らかな場合は、まずはここから妊活を着手するのが非常に効果的です。

BMI(ボディマス指数=体格指数)が25を超える方はがんばって22を目指しましょう。

つまり、ダイエットが不妊治療になるのです。

妊娠しやすいBMIは22くらいだそうです。

日本では25を超えると肥満とされるようですが、海外では30超ですね。

25と30では差がかなりあると思うのですが、とにかく22あたりが目標値です。

人によっては10㎏以上落とさないといけないこともあるでしょうが、短期間ではなく、時間をかけて、辛抱強く、目標達成を目指してください。

そこまでして適正体重に身体をコントロールするにはワケがあります。

もちろん、体重オーバーであっても妊娠可能な方はいらっしゃいます。

ですが、適正体重のほうが妊娠する確率は高いのも事実ですし、そのまま妊娠を継続していくとリスクが高いことを忘れてはならないのです。

普通は妊娠中に予想以上に体重が増えてしまうものですし、最初からオーバーしていれば妊娠中に厳しい体重管理が課せられます。

「あなたは1㎏も増やさないように」と申し渡された方もいらっしゃいます。

それって、妊婦さんなのに、実質的な強制ダイエットですよね。

赤ちゃん分が増えるだけ、自分の体重を減らさないといけないのですから。

妊娠中の肥満によるリスクはかなり危険度が高いものです。

ときに高血圧や糖尿病は赤ちゃんと妊婦さんの命を脅かします。

妊娠後期に入って入院を余儀なくされることも多いですし、早産をはじめ、出産時のトラブルも非常に大きいのです。

不妊治療を経てやっと妊娠できた方(BMI高値)で、妊娠中はとくに大きな問題もなく出産に臨んだところ、

たいへんなお産になった方を、これまでもたくさん拝見しました。

あやうく命を落とすところ、まで行った方も少なくないのです。

それを見ると、適正体重の重要性をひしひしと感じるのです。

なんとかすぐに妊娠したい気持ちはわかりますが、妊娠後のことを念頭に、本気のダイエットをお願いしたいと思います。

急激なダイエットは害が大きいので、急いではいけません。

地道にコツコツと、身体を弱らせないように、体重を落としましょう。

食生活の改善と運動の両方が絶対必要ですね。

楽ちんなダイエットはありませんよ!

命を守るためです。

元気なお子さんを授かるために、体重コントロールを諦めないでください(^^)/

挑戦する価値はあるのですから。

安全な減量についてはご相談くださいね。

なかなか一人では難しいものです。

一緒にダイエット=不妊治療を成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です