あなたの妊活、そのままでいいですか?

妊活はできるだけ効率的に短期間で卒業できれば、それが一番です。
長くなればなるほど心身や経済的な負担も大きくなります。
後々のことを考えても、早いに越したことはありません。
時間はとても貴重なのです。「どうしたら時間短縮できるのか?」
そこが非常に大きな鍵をにぎることになりますよ。


女性の場合、本来の妊娠適齢期は20代半ば頃と言われ、
残念ながら、その後は徐々に妊孕性が低くなっていきます。
生理があるうちは! というのは当てはまらないのです。
男性なら70歳でも! というケースも実際ありますが、
スーパー稀なケースですし、見習わないほうがいいです。
精子の曲がり角は35歳とのことですから。
現代では結婚年齢が高くなり、スタートから不利になりました。
タイムリミットとの戦いになりますので、
立ち止まってしまっている時間がもったいないです。
もちろん、妊活に疲れたときや、気持ちの切り替えに必要な時間は
ちゃんと取っていただいたほうがいいのですが、
もし、「なんとなく」「そのうちに」という形で
無為に貴重な時間をつぶしてしまっているのでしたら考え直しましょう!
タイミング法でベビ待ちをして、もうどのくらい経ちましたか?
通っているクリニックの治療はもうどのくらいになりましたか?
採卵は何回されましたか? 採卵できていますか?
その治療法、いつまで続けますか?
ちょっと振り返って見直してみてくださいね。
マンネリ化していませんか?
妊活自体が目的になってはいませんか?
妊娠して子どもを授かり、幸せな家庭を築くのが
本来の目的ではなかったでしょうか??
うまくいかないのであれば、何か他の方法、他のクリニック、
いろいろ可能性を考えてみる時期かもしれませんよ。
何かが合わない、足りない、抜けている、間違っている
ということもあります。
何かを足す、違ったことをする、あるいはやめる
という選択肢もあるかもしれません。
長期間効果が出ていない地点で足踏みして
これ以上時間を無駄にしないよう、一度棚卸をしてみませんか。
そのために足を止める時間は有意義なものになります。
どこに引っかかっているのか、探すお手伝いをさせていただきますよ。
不妊カウンセラーにぜひご相談ください。
メールでご相談→こちらです。
妊娠しやすいからだづくりのアドバイスもさせていただきますよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です