身体にやさしい暮らし方

身体にやさしい暮らし方の重要性をお伝えしたいと思います。
◆病気の原因って何だと思われますか?
西洋医学では、病気の原因は最近やウイルスなど、
外から侵入してくるもの、と考えることが多いのです。
ですが、東洋医学では以下が三大原因です。


☆食べ過ぎ
☆過労
☆ストレス
いかがでしょう。
あてはまるのはありませんか?
現代人ならあてはまらない人のほうが少ないかもしれません。
◆病気の原因は生活の中にあるものです。
つまり、こうしたことによって身体は弱り、
抵抗力が無くなってしまい、病気になるということなんです。
理想的な、生命力のある身体だと、たいがいの病気は
はねのけることができるのです。
負けてしまうのは、生命力が弱ってしまったからです。
飽食の時代、夜更かしの習慣や働き過ぎなどで
現代人の生命力は衰え、病気にかかりやすい、
あるいはその直前の”未病”という状態で
かろうじて生活だけはできている、というのが現状です。
◆病気になるギリギリ一歩手前の状態では
妊娠力が衰えてしまうのも納得です。
生殖力は、いわば身体のオプション機能のようなもの。
本体の維持が十分うまくいっていて、余力があれば
生殖のほうにも力がまわってきます。
余力がなければ、まず最初に切り落とされていくのが
生殖力なのです。
自分の生命を維持することのほうが
次世代の命よりも大事なのは当然ですよね。
働きすぎのサラリーマンや、仕事も家事もめいっぱいの女性も、
かろうじて維持できているギリギリの方が多いです。
でも、(まだ)病気じゃないから問題は無いはず。
妊娠しないのはなぜ?!
と不思議に思われていらっしゃるのです。
オプション機能に回る余力が無いのです!
◆余力を生むために何が必要なのでしょうか?
まずは「食べ過ぎ☆過労☆ストレス」を減らしましょう!
それが身体にはやさしいのです。
働き方、時間の使い方を考え直してみてください。
身体をつくる食事の在り方を見直してみてください。
できるだけリラックスして、ストレス発散を!
これだけのことで、身体は変わっていくものですよ(^_^)v
そのなかに含まれているのは、睡眠や適度な運動、排泄。
より人間的な生活の在り方を問い直してみましょう。
単純過ぎるように聞こえるかもしれませんが、
身体にやさしい生活を心がけることで、
生命力アップ→妊娠力アップ、とつながるのです。
高額医療に頼りきる前に、まずは身体の立て直しが
安上がりで安全ではないでしょうか?
◆そうはいっても、仕事はないがしろにできないし、
家事だって誰かがやらなければ回りません。
でも、まずは見直してみることが第一歩なのです。
ご夫婦で話し合ってみてください。
残業、日中の効率性アップで、もう少し減らせませんか?
「今は妊活に集中!」と割り切ることはできませんか?
家事も夫婦の分担を考え直してみませんか?
時短メニューや、手抜きは共働きの鉄則です。
少しずつの歩み寄りが余裕を生むものです。
「今のままじゃ厳しい」と感じておられるなら
身体にやさしい生活に挑戦してみましょう(^^)/
◆身体のために、日付が変わるまでには休みましょう。
テレビドラマも、ついダラダラ見ているのなら、
キッパリやめてみるのも時短につながりますよ。
早くお風呂に入って寝ることで、身体は休まり、
疲れが取れる&明日へのエネルギーが増すのです。
そしてホルモン分泌にも良い影響を与え、
バランスが整っていきますよ!
なるべく車を使わず、自分の足で歩くようにし、
時間が無い方も出勤時間をエクササイズ・タイムに変える勢いで、
一駅分歩いたり、階段を駆け上がったり、
少しでも身体を動かすようにしてみましょうよ。
気血のめぐりがよくなれば、
卵巣や子宮にも、精巣へも栄養が行き渡るようになります。
筋力をつければ冷え症予防にもつながります。
適度な運動も効果がありますが、
食生活を改善して便秘を解消しましょう。
水分の摂り過ぎや巡りが悪くてむくんでいる方は
水分代謝がよくなるような工夫を。
大・小便といった出るものは溜め込まずに、
どんどん出していったほうがいいのです。
デトックス、ですね!
肥満やヤセ過ぎなどがある方は、
食事と運動でバランスの良い体重管理をしてくださいね。
無理やりのダイエットは身体を壊してしまいます。
身体にあったダイエット方法は人によって違いますので
ぜひ専門家の力を借りてください。
◆そして、ひょっとしたらこれが一番大切かもしれません。
【心の健康】です。
小さなことにこだわらず、心穏やかに過ごしてみましょう。
何でもいいですから楽しみを見つけ、
ワクワクした気持ちを大事にしてください。
自分に自信を持っていただきたいのです。
不妊治療は、努力したぶん必ず成果が出るものではありません。
これまでの勉強や仕事といったタスクと性質が違います。
みなさんが悩んでおられるのは「自分でコントロールできない」
からだと思います。
不妊問題は自分では完璧にコントロールできないからこそ
自分に自信が持てなくなり、ストレスと無力感から
悪のスパイラルにはまってしまうのです。
「これだけがんばっているのに」という気持ちに
押し潰されてしまうと、身体の力も削がれてしまいます。
すぐに妊娠するかしないかで、ご自身の価値を上下しないように
してくださいね。
周期ごとに一喜一憂せず、できればニュートラルな気持ちで
毎日を送っていただきたいのです。
そして、これまで述べてきたような
身体にやさしい生活を続けていくほどに、
自分自身(の心身)を大切に思う気持ちが出てくると思います。
自分の身体を顧みることができないのに
どうして赤ちゃんのことを見守り、大事に育んでいけるでしょうか?
身体にやさしい暮らし方は、全部つながっているのです。
実際にお身体を診させていただくと
お一人ずつの、もっと詳しい予防法、養生法をアドバイスできますよ!
無料体験治療を受けてみてくださいね(^^)
お問い合わせ・お申込みはこちらまで。
 ⇒ info@rumishinkyuu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です