コロナ禍に免疫力を磨こう!

新型コロナウイルス感染症やインフルエンザの流行にともない、よく免疫力を強くしよう!」 と呼びかけられていますね。

春になると、季節がら花粉症を発症する人が多く、免疫に注目が集まります。

免疫力が強ければコロナにもかからないの?

花粉症にもならないの?

 

いろんな誤解もあるようなので、この機会に免疫について正しく知っていただければと思います。

もともと免疫というのは、自分(の細胞)と非自己(自分のものではない細胞)を見分けるシステムのことです。

そこから、外から入ってくる細菌やウイルスを「自分のものじゃないから危険!」と察知して排除することで身体を病気から守る防護システム免疫と呼ぶようになったのです。

古代より、人間にとって一番怖いのは感染症でしたから。
感染症の流行で多くの命が失われてきた歴史があります。

 

近代になって感染症の原因や人体の免疫システムの研究が進み、さまざまなワクチンが開発されるようになって感染症は脅威ではなくなりました。

と思いきや、新型コロナウィルスという新たな脅威に世界中が戦慄しています。
感染症は克服したと思っていたのに、非常に多くの犠牲者が出てしまいました。

 

COVID-19が猛威を振るうようになってから1年以上が経ち、いろんなことがわかってきました。

変異株も出てきて新型コロナウィルスが世界中に蔓延していますが、こんなに強いウィルスでも暴露したら100%の人が発症して死に至るわけではないようです。

感染してもまったく無症状の人も多いとのことですよね。
そして、なかにはあっという間に重症化して亡くなる方も。

どこに差があるのか、そこが知りたいですね。

 

年齢や基礎疾患、とくに腎臓や心疾患など、喫煙歴や肥満なども重症化のリスクとなると警告されています。

確かにその通りなんですが、個人の免疫システムが重症化に関わっていることも指摘されています。
そうしたリスクが原因となって免疫システムの暴発を招いているようなんです。

数ある免疫機能のうち、体内で分泌されるサイトカインという物質(「炎症性」と「抗炎症性」の2つ)のバランスが重要です。

そのバランスが崩れて、「炎症性サイトカイン」が過剰になる状況に陥って炎症反応が止まらなくなるのです。
それがサイトカインストームです。

新型コロナウイルス感染症が一気に重症化して命を落とすことになるのは、この免疫システムの暴走が原因だと言われています。

 

リスクとなる基礎疾患の一つに数えられているリウマチなどの自己免疫疾患は免疫システムが暴走することによって起きる病気ですし、花粉症もまたそうなんですね。
本来なら害にならないはずの花粉に過剰反応してしまうのが花粉症ですから。

現在世界を震撼させている新型コロナウイルス感染症も、身近な花粉症も、免疫が大きく関わる疾患と言えるのです。

 

そして、免疫力が落ちて発症するというよりは、過剰反応することで起きることに注意が必要です。

免疫力は、強すぎても弱すぎても、だめなのです。

正常に働く免疫の力が人間を病気から守ってくれます。

 

東洋医学では、免疫力の強化することだけが人間を強くするとは考えません。

弱い時は助け、過剰な時は抑制し、ちょうどいいところでキープしていくのが健康という考え方ですよ。

鍼灸でも漢方でも、この中庸の概念を基本としています。

養生とは、生活のなかで中庸を保つ知恵なんですね。

何かの拍子に身体の防御バリアが弱って免疫システムに穴が開いたり、あるいは外敵が強大すぎたりすると防ぎきれずに疫の侵入を許してしまいます。

あるいは、身体の内側から発生してくる病もありますが、自然治癒力が弱まると発症してしまいます。
(がん細胞は誰でも体内で生まれていて、これも免疫の力で排除して未然に防いでくれています。)

 

できる限り、正常な免疫力を維持して、健康を維持していきたいですね(^^)/

感染症からも自己免疫疾患からも、そして花粉からも、自分を守れるように、東洋医学の力を見直してくださいね!

そんな東洋医学に興味を持たれたら、ぜひご相談ください。
ご一緒に、あなたの免疫力を磨きましょう!

 

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA