高齢不妊はあきらめられる?

妊活を始めたのが40代に入ってから、という方が増えました。

遅くなった理由、原因はさまざまですが、みなさん「年齢」の壁にぶち当たります。

いわゆる高齢不妊は、思っていた以上に厳しいことが多いのです。

それでもあきらめきれずに、藁をもつかむ気持ちで不妊治療に頼ることに。

「やめどき」がわからなくなってしまう妊活最大の悩みを解決するには?

30代後半から加速度的に妊娠しづらくなる女性の身体。

卵子の老化が大きな原因となります。

もちろん、男性側も同じように妊孕性は落ちていきます。

卵子と違って精子は毎日新しく作られるとはいえ、DNAの損傷をはじめ、さまざまな点で条件は悪くなっていきます。

不妊治療をしても、なかなか卵子や精子の質を向上させるのは難しいと言われています。

質的なことよりも、なかなか出会えない精子と卵子が受精するのを助け、着床の条件を整えるのが高度生殖補助医療の力です。

この先端技術の進化のおかげで、これまで子どもをもつことが不可能だったご夫婦でも親になれる可能性が増大したのは確かですが、それでもなお高齢妊活カップルにとっては厳しい現実と向き合わないといけないわけです。

治療によって卵も若返るといいのですが、そういうわけにはいかず、かといって、他に方法が見当たらないわけですから・・・。

選択肢は限られ、不妊治療専門のクリニックを受診して治療を受けることになります。

しかし、いわゆる超高齢になると、年齢制限を設ける病院では門前払いになることも。

それでもなんとか受け入れてくれる施設を探しだして治療を開始する、という方々をたくさん見てきました。

高齢、高齢、と失礼にも繰り返しますが、生身の身体ですから、個人差は非常に大きいのです。

一概に「45歳まで」と切っても、実際の肉体年齢はもっと若い方もいらっしゃるし、20、30代でも早発閉経の方はいらっしゃるし、その人ごとに見ないとわからない、というのが実際なんです。

確かに43歳を境に妊娠率を流産率が上回って確実に難しくなるというのが常識、なのですが、そこを乗り越えていく方もいらっしゃいますからね。

統計は統計なのかと思います。

それでも(超)高齢妊活に臨まれる方にとって、条件が厳しいのは事実ですから、治療が何度も失敗に終わったり、妊娠反応が出ても流産を経験したりしてしまうと、心身の傷は深まるばかりです。

むしろ、年齢制限で断るクリニックのほうが結果的に優しいのかも?

という気もしてくるくらいです。

助成金が受けられないのでお金がかかることを覚悟してでも、年齢的に難しいことが分かっているけれども、それでもやっぱり諦めがつかないという気持ちはよくわかります。

かといって、「何歳でも受け入れるからどうぞどうぞ」というクリニックに頼るのはどうなんだろう? とは思います。

個人差があると言いましたように、実際やってみないとわからないところはあります。

それでも、残念ながら、あなたが個人的な可能性を秘めた方でなかったとしたら、20代、30代の若い方と同じように治療を繰り返したらどうなるのでしょう?

まずはしっかり検査を受けて、その結果から判断するようにしたいです。

今のお身体の状態を知ることがまず一番大事なのです。

見た目にはわからないことがたくさんありますから。

そして、もう一つは、東洋医学的な診断を受けてみることもおすすめします。

東洋医学では、新しい命を生み出し、育むための生命力が十分あるのかどうか、そこを診断します。

その結果を見て、西洋医学的な検査結果を合わせて、治療を続けるべきかどうか検討してみることをお勧めしています。

多くの方が「無理だとわかってはいるんですが」と言って、体外受精に臨まれます。

あっという間に数百万円が飛んでいってしまいます。

ホルモン剤注射など、身体への物理的な負担もかかります。

現時点で可能生はどうなのか、そして、体質改善に努めたら可能性が出てくるのか、どのくらい時間とエネルギーをかける余裕があるのか、そこを見極めるのが大事ではないかと思います。

そのうえで、納得がいく治療を受けてください。

「授かるまで続ける」は現実的ではありません。

それでも、それでも、あなたの気持ちが一番大切です。

どれほど医学的に無理な理由や証拠を並べられても、あなたの気持ちが納得いかなければ、あきらめられるものではありませんよね。

ぜひあなたの思いをお話しください。

ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です