卵の質を上げるには?

高齢不妊が増えている今、多くのベビ待ち女性の関心事は
卵の質をいかに上げるか? ですよね。
実は卵子は老化するという事実、
これは比較的最近になってみなさんが知るところとなりました。
日本ではこのことは学校では教えられていないため、
誰も知らない、隠された事実だったのです。


ですから、生理さえあれば妊娠できると信じてやまず、
40代の晩婚でも2年間自己タイミングで自然妊娠を待つ
という事態にも。
40代であればタイミング法に入る前に、
少なくとも器質的な問題がないかの検査は必須です。
そして、ホルモン値も調べてみるべきでしょう。
そのうえで、自然妊娠を目指すのか、
ARTに挑戦するのか、方向性を検討していくといいですね。
お子さんを授かるために、どのような視点で臨むのか?
そして条件もさまざまだと思います。
いずれにせよ、高年齢で妊娠を実現させるためには
老化、エイジングをいかに食い止め、
若返らせることができるか?!
その点が共通して必要になってきますね。
目指せ、アンチエイジング!!
とはいえ、残念ながらホルモン剤を使っても
卵は若返らないのです。
ですので、
「どうしたら老化のスピードを遅らせることができるか」
これを追求していくしかありません。
エイジングの原因はわかっています。
老化というのは、つまり酸化、サビなのです。
人間の身体(卵子含む)も酸化していくのですが、
糖質や脂肪の摂りすぎ、運動の不足または過剰などは
大きな原因になります。
サビの原因、活性酸素は喫煙や紫外線、電磁波などが
大量に発生させるのですが、
食品添加物、甘い物やご馳走の食べ過ぎでも増えます。
(もちろん、ストレスも)
エイジングを遅らせるためには、
こういった要因を避けるのがまずは基本です。
そして、活性酸素を退治する食品を摂るのが有効です。
ビタミンCとE、亜鉛、カロテノイド、カテキンなどです。
こういったものはジャンクフードやお菓子には
期待できない成分ですよ。
スローフードで補うのが一番なんです。
食養生が大切な理由がおわかりいただけたでしょうか?
アンチエイジングのために、
ちゃんとビタミン、ミネラルを摂りましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です