不妊治療中の運動嫌いさんがやるべきことは(1/2)

運動が超苦手な方にとって、妊娠しやすい身体づくりのためとはいえ
定期的に運動する習慣を身に着けるのは至難の業です。
苦手じゃなくとも、忙しくて時間が取れない方もいらっしゃいますよね。
でも、その運動不足が不妊の原因となっていたら?
毎日の生活のなかで、なんとか身体を動かすしかありません。
あなたのタイプに合った運動法を見つけてくださいね。


スポーツではなくても、好きでもないことをやり続けるのは
かなりのエネルギーと強力なモチベーションが必要になります。
運動が苦手、自称運動音痴の方は、誰でもできる簡単なことから始めましょう。
とにかく歩くことがおすすめです。
難しい競技でもなく、面倒なルールも無く、高価な道具も必要無しです。
時間さえあれば、誰にでもできます。
効果的なコツはいくつかありますが、あまり難しく考えずに
まずは始めてみるのがいいでしょう。
散歩感覚で歩いているうちに楽しみを見つけられたらしめたものです。
*万歩計をつけてデータを記録する
*コースを設定してタイムを計り自己ベストを更新する
*行ってみたい目的地を目指す(美術館だったり、カフェだったり)
*一緒に歩いて楽しいおしゃべりができる相手をみつける
*途中の楽しみや目的をみつける(きれいな家や庭、花、鳥、風景の写真撮影など)
お散歩に楽しみを見いだせたら大成功です。
でも歩きスマホはやめてくださいね!
次は、ちょっと欲を出して、ウォーキングにステップアップしてみましょう。
*歩幅を靴の半分の長さ分広げてみる
*親指で地面をしっかり蹴ってみる
*両腕も大きく振ってみる
*足の回転を少しずつ早めてみる
*短時間だけ息が切れるくらいの速足で、その後ゆっくりを繰り返す
最低でも20分、できれば1時間ほどできれば十分ですね。
頻度は毎日できればすばらしいですが、2~3日に1回ペースでやってみてください。
これで筋力もアップできるだけでなく、心肺機能も高まり、
持久力が増して、基礎体力がつきます
よ。
いっぽう時間が無い方は、通勤や買い物を利用したり、ながら運動がおすすめです。
隙間時間をうまく利用して、コツコツと積み重ねていくしかありません。
*電車を1駅手前で降りて歩く
*エレベーターやエスカレータを絶対使わずに階段を利用する
*電車やバスのなかでは座らずに立っている
*1時間に1回は休憩時間を取り、肩を回したり屈伸運動
*歯磨き中はつま先立ち、お風呂ではお尻を浮かせる
*ラジオ体操!
毎日ウォーキングに費やす時間が取れない方はこんな地道な方法で。
週に1回ジムでハードなトレーニングしたりテニスの試合をするなどは
かえって活性酸素を増やしてしまいます。
ちょこちょこ運動で積み上げていきましょう。
朝の起床時、夜の就寝時のストレッチを加えるとなおいいですね。
いかがですか?
これくらいなら、挑戦してみたくありませんか?!
次に、何のためにやるのか、モチベアップの秘訣はまた次回コラムに記します(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です