高温期を笑顔で過ごすには?

ハラハラドキドキの高温期判定日前が一番怖い!
また生理が来てしまうのが怖い!
そんな声をよくお聞きします。
恐れることは何もありません。いつも通りに過ごしてください。
でもそれが難しい?! どうしたら平常心でいられるのでしょうか?


「今月こそ!」との思いが強ければ強いほど、結果が気になります。
着床してくれるのかな?
私、妊娠できるの?
いま、どんな状態なんだろう?
いろんなことを考えすぎてしまいますよね。
お仕事をされている方は忙しさで気が紛れることもあるようですが、
いったん不安モードに入ってしまうと、どんどん悪のスパイラルに。
気になって仕方なくて、心配で心配で・・・
そんなとき、身体はとっても緊張しています。
すると交感神経が優位になり、血流が悪くなってしまいます。
睡眠だって、しっかり取れなくなりますよね。
寝不足が身体にいいわけないですものね。
妊娠したいと強く願っていながら、
実は身体には真逆な仕打ちになってしまいます。
妊活中なら普段から穏やかな気持ちで過ごしていただくのは大切ですが、
とくに高温期はイライラがピークで辛いという方、
ゆっくりと深呼吸してみてください。
気持ちがたかぶったりイライラするのは多少はホルモンのせいですが、
だからといって、どんどんエスカレートさせていくのは考え物です。
できるだけ落ち着いていきましょう。
無理?!
そんな方は、気を散らすというか紛らわせることをしてみてください。
何か気持ちがほっこり、安らぐことがいいです。
とはいえ、大好きな趣味も手につかないという方は、
強制的にお笑いのDVDを観ましょう!!!
コメディ映画でもいいですよ。
とにかく笑っているのが一番いいのです。
サスペンスやホラーはだめですよ(^-^;
映画やテレビは観ているあいだは忘れることができるので
この時期を持て余す方にはおすすめですね。
笑って過ごす以外にやるべきことはとくにありませんよ。
気負わなくていいのです。
いつもと一緒でいいんです(^^)/
避けたいこととしては、風邪をひくとか、身体を冷やすとか、
(暴飲←これはないですね・・・)暴食とか、寝不足するとか、
身体に負担をかけてしまうようなことはできるだけ控えましょう。
無理に温めることもないですよ!
冬なのに汗をかくほどの温活は逆効果ですから。
寒い季節は冷えないようにだけ気を付けていきましょう。
妊活に鍼灸を取り入れていらっしゃる方は、
高温期は受精・着床を助けるように働きかけていきますので、
どうぞ鍼灸院へお越しください。

いかがでしょう。
できるだけ考えないようにする、それも難しければ
他のことで気をそらして、できるだけ楽しく過ごすこと。
これが最後のチャンスではありませんし、
すべての妊娠は奇跡なので、最終的には人間の力が及ばないものです。
だから、1周期ごとに全力で落ち込むのはやめて
「いつでも来てね!」という気持ちで待ちましょう(^^)/
それが妊活で身体をいいコンディションにキープするコツですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です