【妊娠力アップ】腸内環境改善でアンチエイジング

今日は腸内環境を整えてアンチエイジングしよう!
というお話です。
善玉菌・悪玉菌とかって聞いたことがあるかと思います。
人間の腸内にはかなりの細菌が住み付いているといいます。
どのくらいいるって、だいたい300種類、100兆個。
重さにすると1~2kgくらいの細菌が住んでいるのです。
人間自体の細胞が全部で60兆個なので、それよりはるかに多いのです!
すごくないですか?


私は初めてこの事実を知った時に「乗っ取られてる!」と
怖くなったほどです(^^;)
腸内(とくに大腸)はこれだけの菌たちの住処なんです。
「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類の菌たちの
勢力争いによって、環境が日々変わっていくものなのです。
その腸内環境を最適にしておくと健康を維持できますし、
アンチエイジングにも役立つのですよ!
◆「善玉菌」は500種類ほどあって、代表的なのは乳酸菌。
そしてビフィズス菌もご存知だと思います。
最近のヨーグルトにはいろんな菌が入ってますよね!
みなさんチェックされているのではないでしょうか?
他にはどんな菌があるでしょう?
納豆菌、酵母菌、麹菌。この3つは糖化菌といわれ、
強い酸性(胃酸)やアルカリ性、たん白質変性、熱などの影響を
受けずに安定した状態で腸まで届くのです。
これらが多く存在すると乳酸菌を増やしたり、活性化したりする
働きによって、さらに善玉菌群をパワーアップするのですよ!
だからヨーグルトだけじゃなく、いろんな菌を一緒に
摂取するのがオススメなんです。
善玉菌の仕事は健康維持のために必要不可欠です。
ビタミンやホルモンを産生し、消化吸収、脂質代謝、免疫活性、
感染防御、腸のぜん動運動などといった役割です。
それに悪玉菌の増殖を抑えてくれますしね!
◆悪玉菌はウェルシュ菌や大腸菌、ブドウ球菌、腸球菌などです。
アンモニアやインドール、硫化水素などの毒素を発生させますし、
ニトロソアミンなど発がん物質もつくるのです。
肝臓を弱らせるので、解毒作用が衰え、有害物質が身体中に
回ってしまい、生活習慣病を引き起こしたり、老化を進めたりします。
また、腸内をアルカリ性にし、免疫機能を下げ、感染症(風邪も)に
かかりやすくなります。
おならが臭くなりますし、便秘になり、老廃物がいっぱいたまります。
悪玉はすぐにでも追い出したいですね!
とはいえ、まったくゼロになればいいというわけでもありません。
◆腸内最近はバランスが大事です。
善玉菌が20%、悪玉菌が10%、残り70%が「日和見菌」
というバランスが一番健康的なんだそうです。
日和見菌にはバクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌などが
あります。
日和見菌は腸内細菌の大多数を占め、腸内フローラを形成しています。
この腸内フローラのバランスが崩れると免疫力が衰え、
日和見菌感染を引き起こします。
この菌たちは、普段の健康なときは何も悪さをしないのに、
いったんバランスが崩れると悪玉菌のような働きをするため、
侮れないのです。
そのときの状況によって善玉に加勢したり、悪玉に加勢したりするので
“日和見”菌なのです。
大勢で悪さをされないように、バランスが崩れないようにすることが
一番大事なのです。
◆この腸内細菌がつくる腸内フローラのバランスが崩れるときがあります。
肉類や脂肪が多く、食物繊維が少ない食生活。
運動不足。
ストレス。
そして加齢。
こうした条件で悪玉菌が増殖し、日和見金がいっせいに悪玉に加勢し、
一気に形勢逆転です。
急いで善玉菌を食事で摂り入れましょう。
ヨーグルトやチーズなどの乳製品だけでなく、醤油や味噌などの発酵調味料、
納豆、漬物など発酵食品を積極的に食べてくださいね。
そして、それだけではなく、善玉菌のエサになるものも一緒に摂ることです。
食物繊維、オリゴ糖、グルコン酸などです。
豆類、野菜、海藻、こんにゃく、果物、そしてハチミツも優秀です。
こういった食品を常に摂取しておくことで腸内フローラを健全に
維持することができますよ。
もちろん適度な運動や睡眠なども大事ですし、
過度のストレスも避けるべきです。
あと、抗生物質を服用した後は必ず、一から腸内細菌を育てるつもりで
上記のような食生活を心がけてくださいね。
ベビ待ちさんは治療のなかで抗生剤を飲むことが多いですから、
気を付けてみてくださいね!
◆腸内フローラを健康に保つことがあらゆる病気の予防につながり、
老化を防ぎ、美容にもいいということなのです。
一度悪玉菌が増殖しだすと、どんどん悪循環に落ち込んでいきます。
「そうはさせない!」と必死でくい止めるようにしてくださいね。
普段から外食が多いとか、高タンパク・高脂肪の食生活をされている方は
どうか見直してみてください。
ワカメや根菜入りの味噌汁、納豆、漬物といった日本の伝統的な
朝ごはんが理想ですよ!
日本人には糠漬けの乳酸菌が一番お腹に合っているそうです。
ヨーグルトよりもお漬物、なんですね。
できたら最低1日1食はそんな和食を心がけてくださいね。
というわけで、今日はここまでです。
腸内細菌のバランスを整えてアンチエイジング!
日々の積み重ねですね。
健康も美も若さも、1日では手に入らないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です