股関節でアンチエイジング!

股関節ってどこか、ご存知ですか?

これが意外とハッキリ知らない人が多いんです。
股関節が痛いんです」 と言って違うところを押さえる方もいらっしゃったり。
足のつけ根あたり、という意味ではないんですよ。

股関節とは、大腿骨(太ももの骨)のボール状の骨頭が骨盤のくぼみにはまっている、脚(下半身)と胴体(上半身)を連結する大きな関節のことなんです。

身体を支え(体重の5倍もの重さがかかるといわれてます)、両足を広げたりまわしたり、歩くだけでなく身体全体を動かすために重要な役割を果たしています。

股関節といえば、やわらかい人は180度開脚できたり、開脚してベターッと上半身を床につけたりできるんですよね。

体操してる方や、ヨガの達人も、お相撲さんも。

でも「カラダ硬くて」 と自覚している方のほうが多いですし、硬くてもそれほど不便は感じませんよね。

この、普段あまり意識もしていない股関節なんですが、実は常に重労働で酷使されていますよ。
だからこそ、いったん不調になるとたいへんな事態に陥るので厳重注意です!

身体全体をつないでいる関節なので全身に関わってくるのです。

股関節に少しでも痛みがあると歩きにくくなりますし、歩行困難になれば生活に支障が出ます。
多くの筋肉が股関節につながっていて、全身の動きに関係しているのですから。

股関節周囲の筋肉衰えは痛みの原因になり、痛くなると可動域が狭まり、さらに動作に制限がでてくる→さらに動かなくなるという悪循環に陥ります。

加齢だけでなく、長年の日常的な身体の使い方も影響しますし、股関節や周辺の筋肉にとってよくない生活習慣があれば余計に悪化してしまうのです。

これはもう、将来に向けてしっかりと股関節周りの筋肉を鍛えていかなければ!

人生100年時代と言われますが、健康寿命が長くならないといけませんよね。
ずっと自分の足で自由に歩くためには股関節が肝心ですよ!

筋肉というのは使いすぎても使わなさ過ぎても痛くなるものです。

アスリートでもなければ、一般人なら筋肉痛は普段から筋肉を使ってないから痛くなるんですよね。

ですので、意識的に筋トレをやらないといけないのです。
アンチエイジングのためには、日々の積み重ねが大事ですよ!

老化を防ぐ鍵はインナーマッスルの腸腰筋!!

身体の奥深いところにある筋肉なので、鍛えてもムキムキになるわけではなく、目立たない存在です。
大腿骨、骨盤、そして背骨についている筋肉です。

足を上げるときに必要な筋肉なので、弱ってくると足が上がらなくなるんです。
坂道や階段が辛くなりますし、日常的にも家の中のわずかな段差にもひっかかるようになって怪我につながります。

運動機能だけでなく、この筋肉が弱ると姿勢が悪くなり、お尻が垂れ、下腹部もぽっこりと出てきますので、美容面でも問題ありですよね!

こうした困った問題を改善するためにも、トレーニングしていきたいです。

 

一番簡単で効果的なのが床に仰向けに寝た姿勢での足上げ運動です。
両手を身体の横に置いて床を支え、両足をゆっくり上げて直角に。
そしてゆっくり下して、床に着けずにまた上げますよ。
けっこうキツイです。
呼吸を止めずに繰り返し行いましょう!
腰が痛くならないように、マットやお布団の上でやるのがいいですね。

 

そして、ながら運動派の方は、普段歩くときにいつもよりも大股で歩きましょう
歩幅を大きくすると、それだけでも腸腰筋を鍛えていることになりますからね。

日常生活で気を付けることでは、ずっと座りっぱなし、同じ側の足を組む習慣、カバンを同じ側だけで持つ、同じ足に重心をかけて立つといった偏った習慣も股関節に負担をかけてしまいますので、できるだけバランスよくを心がけてくださいね!

老化防止の鍵を握るのが股関節です。

股関節を甘やかさず、トレーニングして、いつまでも元気に歩ける身体をキープしましょう(^^)/

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA