高齢ベビ待ちさんのアンチエイジング妊活

現在では不妊治療を受けるカップルが増えて“不妊”が特別視されることも以前に比べると無くなってきています。

親戚や友人など、身の周りで経験した人がいるという方がほとんどです。

10年前だと上限が30代半ばあたりの方ばかりでしたが、今では40代の女性が大きく占めています。

卵子提供も珍しくはなくなり、ますます平均年齢は高齢化していますね。

それぞれの理由で高齢妊活化したとはいえ、やはり直面するのが卵子の老化です。

実際に専門クリニックで診断を受けてショックを受けてしまいます。

まったく知識がなかったわけではなく、ある程度覚悟はしていたものの、やはり自分の身にふりかかるとショックですよね。

なんとか老化を食い止めようとアンチエイジングを謳うサプリなどを摂取する方も多いです。

卵子の若返りを願う気持ちは痛いほど理解できますし、涙ぐましい努力に脱帽します。

でも、卵だけを選択的に若返らせることは不可能と言っていいと思うのです。

卵子も身体の一部ですから。

身体の老化はこれまでの生活ぶりの蓄積で個人差が激しいです。

急いでサプリや食品、運動療法などを積極的に取り入れながらも、以前からの生活習慣は引きずっている方が少なくありません。

老化に悪影響することといえば、糖質の摂り過ぎや寝不足・運動不足、そしてストレスなど、生活の中に存在します。

もっとも基本的な生活習慣を改善できずに、新たなアンチエイジング法を導入しても効果は疑問です。

非常に高度な治療を受け受けることができるクリニックに通っていても、大好きかつ習慣になっているスイーツは食べ放題の方もいます。
大好きなラーメンや焼き肉、食後のポテチなど、アブラっぽい食生活が習慣化している方も。
ストイックになりすぎる必要はありませんが、食生活は身体に大きな影響を与えますし、とくに糖質・脂質の摂り過ぎは老化につながります。

ハード過ぎるお仕事を最優先しなければならず、疲れとストレスで常にヘトヘトだったり。
夫の帰りが遅いので毎晩就寝が1時や2時、という専業主婦の方もいらっしゃいます。
高齢妊活に欠かせないのがご夫婦そろっての働き方改革かもしれません。

 

ご自分の生活を冷静に振り返ってみて、明らかに老化を進めるようなことがあれば、まずはそこから正してみてください。
それがアンチエイジングへの第一歩なのです。

意外と「これは仕方ない」と決めつけていませんか?
とくに仕事がらみは・・・

マンネリに目をつぶって改善しなければ、高価なサプリも、高額な治療も、無駄になってしまうかもしれません。
効率的に治療を進めるためにも、良くないとわかっていることは改善していきましょうね。

そして、「そんなに悪いと思ってなかった」「何をしたらいいかわからない」という方もいらっしゃるので、その場合は遠慮なくご相談いただければと思います。
身体に合った生活改善法や、身体づくりをアドバイスさせていただきます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA