体外受精か、自然妊娠か?

高齢ベビ待ちさんにとって、不妊専門クリニックは頼みの綱です。

結婚が遅くなったため子づくりを急がないと!と焦る気持ちは十分理解できます。

でも、クリニックにかかればすぐに妊娠できると思われている節があるように見受けられます。

さすがに自然妊娠は難しいので、ここは確実な体外受精で・・・と。

「体外受精で100%できるんだったらすぐにでも」 との声も聞かれます。

実際には体外受精の成功確率は100%ではないですし、年齢が上がるほど確率は下がり、反対に流産率が上がるため、さらに厳しくなるのです。
43歳で妊娠率より流産率が上回るため、43歳以上の出産は特例ぐらいと言ってもいいかもしれません。

ですので、体外受精を受ければ必ず妊娠できて、必ず元気な赤ちゃんを出産できるということではありませんのでご注意ください。
高度生殖補助医療は決して万能の解決策ではないのです。

 

クリニックでの治療を続けていけば、そんな期待が崩れる経験を何度もしなければならないこともあります。
無事に1回の治療で妊娠される方がいらっしゃるのも事実ですが、現実はそれほどやさしくないのです。

もちろん「自然に任せておけばいつか妊娠できるはず」と強い期待を抱き続けるのも無理があります。

今でも男性の多くはそう思い込んでいることがよくありますが、さすがに女性陣はそれほど甘くないと理解されるようにはなってきていますね。

自然妊娠が可能かどうかの判断は20代であっても思い込みや見た目で邪魔されてはいけないのです。
ちゃんと検査を受けてからにしてくださいね。

 

ただし、排卵の有無や卵管の問題、男性不妊など、自然では厳しいという診断が無ければ、高齢であったとしても、自然妊娠の可能性を否定する必要はないと考えています。

体外受精で排卵誘発するとしても、卵の質を向上することはできないのです。

質のよい卵が出てきてくれなければ、採卵はできても受精や着床が難しくなります。

生活を整え、体質改善をしてカラダの準備をしていくことで可能性が少しでも高まれば、体外受精の成功率も上がりますし、それで自然妊娠が可能になる方もいらっしゃるのです。

生殖医療の力を借りるとしても、カラダを整えるメリットは大きいです。

焦る気持ちもわかるのですが、だからこそ妊娠後のことも考えて長い目で見て、妊娠に向けてカラダの準備を整えるのが先決ではないでしょうか。

クリニックに丸投げするよりも、ご自身でできることがまだあると考えていただければいいかと思います。

そして、鍼灸や漢方といった東洋医学も妊活のサポートが可能です。

 

ご存知の通り、高度生殖医療は非常にお金がかかる治療です。

少しでも早く成功して、生まれてきた赤ちゃんを育てるためにお金をセーブできればいいですよね。

ただ、前述の通り、40代になると体外受精の成功率もかなり下がっていきます。

ホルモン剤などの多用も身体に負担がかかり、個人差はありますが、肉体的にもたいへんですよね。
それがきつくて治療を諦める方さえいらっしゃいます。

であれば、できるだけ負担のかからない妊活を選択していただかなければなりません。

そういう方には、期限を区切って、自然妊娠を諦めない妊活をおすすめしています。

区切りなくいつまでも、となるとダラダラしてしまうので、期限は設定しておくほうがいいのです。
(もちろん、期限が来たら再度検討して延長したっていいのですが。)

ご一緒に、身体にやさしい妊活を目指しませんか?

体外受精でも、自然妊娠でも、カラダ第一の妊活がおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です