東洋医学による不妊治療で体質改善

「不妊鍼灸」というのもだいぶメジャーになってきましたが、まだ全国的にはご存知ない方も多いですね。
実際に不妊専門で開業している鍼灸院は都市部に集中しており、地方ではなかなかアクセスできません。
とっても残念です!
そんな方々のために、ご自身でできる「東洋医学」を駆使したセルフ・ケアのノウハウを提供していけたらと思います。


鍼灸治療の基本は”体質改善”です。
ちょっと「東洋医学」とは離れますが、人間は細胞でできています。
1個1個の細胞には寿命があり、寿命が尽きたら新しい細胞が生まれ、次々と生まれ変わっているのです。
だいたい、平均すると細胞の命は約3ヶ月。
そして、全身の細胞が「いっせいのーでっ!」と新しい細胞に入れ替わるわけではなく、順番に、毎日どこかの細胞が死んで生まれてを繰り返しています。
ですので、身体がまるっと入れ替わるのには最低3ヶ月から半年はかかるのです。
その3ヶ月から半年というのが、体質改善に必要な時間です。
というわけで、東洋医学による体質改善は、けっこうゆっくりペースなのですね。
ですから、”焦り”は禁物です。
新しい、バージョンアップした自分を手に入れるためには、鍼灸治療のほかにも、実はたくさんやることがあるんです。
「はり」は自分ではできませんが、挑戦したい方はどなたでもできるセルフ・ケアを伝授していきますよ!
コツは、”じっくり、コツコツ”です。
「急がば回れ」と言いますが、結局は妊娠しやすい身体をつくることが早い結果に結びつくのです。
【病院に行って妊娠させてもらう】のではなく、【あなたの力で妊娠する】のが目標です。
鍼灸との相乗効果を狙っていきましょう(^_^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です