コレステロールとの上手な付き合い方

健康診断を受けると、総コレステロール値、LDL値、HDL値、といった数字が検査結果として出ていますよね。
ご存知の通り、LDLは悪玉HDLは善玉のコレステロールです。

そもそも、コレステロールとは、身体に存在する脂質、アブラです。

アブラというと完全な悪者に見られてしまいますが、人間の身体にとってはとても大事な役割を担っているのです。

 

【コレステロールの役割】

1.細胞膜の材料

全身の細胞を維持するのに欠かせない膜で、栄養素の細胞内外への出入りをコントロールします。

2.胆汁酸の材料

肝臓で合成されて、食べ物から摂取した脂肪の消化吸収を助けます。

3.副腎皮質ホルモンや男性・女性ホルモンの材料

↑↑↑ あまり知られていませんが、かなり重要!

 

もう少しだけ詳しく役割を説明すると・・・

【悪玉/善玉の役割】

悪玉(LDL)

肝臓で作られたコレステロールを血管を通じて全身の細胞に運びます。
LDLコレステロールが増えすぎると血管壁にたまって動脈硬化を引き起こします。

 

善玉(HDL)

使いきれずに余ったコレステロールを回収して肝臓に戻します。
血管に溜まったコレステロールも引き抜いて動脈硬化を抑えます。

 

【それぞれの持ち場での役割】

脳では? ⇒ 脳の発達神経細胞の伝達に関わっています。

筋肉では? ⇒ 筋肉を作りだすホルモンの原料です。

肝臓では? ⇒ 脂肪の消化を助ける胆汁酸を作ります。

 

悪者ばかりではないコレステロールは、それぞれの量のバランスが大事なのです。
バランスが崩れてLDLコレステロールが増えすぎると、動脈硬化が進んで脳梗塞や心筋梗塞を発症する恐れがあるので、そこは注意が必要ですよ。

現代人は脂質も糖質も摂りすぎの傾向がありますし、女性は閉経後にコレステロール値が急に増えてきますから要注意です。

女性の健康にコレステロールが大きく関わっているのです!

閉経するとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が低下します。
エストロゲンにはLDLコレステロールの排泄を促す効果などがあるため、これが減少すると血中のLDLコレステロールが増加してしまうのです。
そのため、50代以降の女性は急激にLDLコレステロール値が高くなることが多いのですね。

 

コレステロ―ルを減らしたいからといって、徹底的にアブラ抜きのダイエットをするのは間違いです。
コレステロールもバランス、食事もバランスが大切ですからね。

まずは食事の改善でコレステロールのバランスを取っていきましょう!

 

アブラにもLDLコレステロールを減らす良いアブラと、増やす悪いアブラがありますよ。

LDLコレステロールを減らす良いアブラ不飽和脂肪酸

オリーブオイル、ゴマ油、大豆油(大豆製品)、えごま油、アマニ油、青魚など

LDLコレステロールを増やす悪いアブラ飽和脂肪酸

肉の脂(牛脂、ラードなど)、パーム油、ヤシ油、乳製品(バターや生クリーム)、チョコレートなど

アブラを摂るなら良いアブラを選んでくださいね。

 

また、みんな大好きな糖質も食べ過ぎてしまい、消費しきれないと中性脂肪となって身体に蓄えられてしまいます。
糖質(アルコール類や炭水化物、甘いもの)は摂りすぎると脂肪になってしまうんです。

 

食事はかなり摂生しているのになぜかコレステロール値が高い! という人もいますよね。

家族性の疾患で、生まれつきLDLコレステロール値が高い方がいらっしゃいますよ。
両親のどちらかに家族性高コレステロール血症の方がおられるかもしれません。

早く発見して治療を開始すれば狭心症などの重篤な病気を食い止めることもできますので、コレステロールの高値の原因に思い当たるところが無い方は診断してもらいましょう。

 

それ以外でコレステロール値が上がる要因の1つはストレスです。

ストレスを受けるといわゆるストレスホルモンのコルチゾールが大量に分泌され、その材料のLDLコレステロールも増えるのです。

適度な運動や、楽しめる趣味などを持って、普段からストレス解消を心がけてくださいね。

 

アブラと上手くつきあって、血液サラサラ、しなやかな身体をキープしていきましょう(^^)/

 

お一人おひとりに合ったオーダーメイドの女性専用はりきゅう院

あなたのための鍼灸院

鍼灸サロン for You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA