【妊娠力アップ】酸化を防いでアンチエイジング - 鍼灸サロン for You

HOME > メルマガバックナンバー > アンチエイジング > 【妊娠力アップ】酸化を防いでアンチエイジング

【妊娠力アップ】酸化を防いでアンチエイジング

今日は活性酸素についてお話します。

◆酸素は私たちが生きていくために必要不可欠なので
呼吸によって常に体内に取り入れているわけですが、
この酸素の一部が体内で変化して「活性酸素」になり、
それが老化現象を引き起こしてしまう一面も持っている
という悲しい現実があります。

体内に入った酸素は赤血球が身体の隅々の細胞に運び、
エネルギーを発生させるのに使われるのですが、
そのうち約2%くらいは活性酸素に変化します。

この活性酸素は、細菌やウイルスを撃退する働きを
してくれるという、いい面ももちろんあります。

でも、全身の細胞膜を構成する不飽和脂肪酸が
活性酸素と結びついて酸化し、過酸化脂質となって
細胞が老化してしまうのです。

鉄が酸化して錆びるのと同じで、
私たちの身体(細胞)も酸化して錆びるのです。

身体の内側も外側も、です。
外側は、しみやソバカスが発生しやすくなるため
内側よりもわかりやすいとはいえ、
美容的には避けたいですよね!

活性酸素の発生は紫外線やタバコも大きな要因です。
食生活の乱れ(添加物や油の影響)、
そしてストレスも、ですよ!

日焼け、喫煙でお肌が老化してシミが増えるとか
ストレスでソバカスがひどくなるといったことは
よく見受けられることですよね。

内側の見えないところでは、内臓の老化が怖いです。
とくにベビ待ちさんにとっては生殖関連の臓器、
そして卵子や精子の老化は痛手ですよね。

◆活性酸素から身体を守るにはどうしたらいいのでしょう?
すなわち、身体の老化を予防するには?!

まず禁煙は当然のこと、そして食生活を改善することですね。

アブラの種類には気を遣う必要があります。

そして、体内の活性酸素除去酵素に活躍してもらいたいのですが、
酵素の働きは20歳頃がピークで、どんどん衰えていきます。

であれば、それを補う栄養素を外から摂りいれるしかない!

それがビタミンC、E、β-カロテン、ポリフェノールなどです。

こうした栄養素を効率よく摂取するためにサプリを利用する、
という手もありますが、何事もバランスを重んじる東洋医学的には
普段の食生活のなかで意識して積極的に摂取していくことを
おすすめしたいと思います。

また、テレビなどで取り上げられるとその食材が一斉に
スーパーの棚から姿を消す現象が起きますが、
常に流行を追いかけて特定の食品を短期間だけ集中して摂るのは
いかがなものかと思います。

短時間で身体が一新するわけはなく、効果が出る前に流行が去って
次のターゲットに移っていくなら意味がありませんよね。
身体にいいもの、体質改善に役立つものであれば、
ずっと続けていかなければ効果は見込めません。
ブームのせいで、効果を実感して昔から摂り続けていた人たちが
いつもの商品が手に入らなくて困る事態にもなります。
「効果絶大!」の言葉に乗せられて飛びつかないように
しましょうね(^^)/

上記の栄養素だって、特別な食品に含まれるものではありません。
もし嫌いな食品ばかりだったら栄養摂取量が足りてなくて
サプリのお世話になったほうがいいかもしれません(^_^;)
そうでもなければ、まんべんなく忘れずに食べるように
していただいたらいいですね!

◆ビタミンCを多く含む食品(野菜および果物)
パセリ、ピーマン、ゴーヤ、水菜、レモン、柿、キウイ、いちご
生食がおすすめです。
変わったところでは、めんたいこや海苔も多いんですよ!

◆ビタミンEを多く含む食品(油、種実、魚卵)
魚卵全般(いくら、たらこ、キャビアなど)、うなぎ、かぼちゃ、
アーモンド、松の実、サフラワー油、コーン油、なたね油
大量摂取は危険ですので、許容上限摂取量以下に。

◆β-カロテンを多く含む食品(緑黄色野菜)
しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、ほうれんそう、春菊
海苔、わかめ、ひじき
脂溶性なので、ビタミンEの多い油で炒めると吸収率アップ。

◆ポリフェノールを多く含む食品
春菊、れんこん、ししとう、バナナ、ブルーベリー、ぶどう、
ごま、大豆、生姜、赤ワイン、緑茶
皮の部分に多いので、野菜や果物はできたら皮ごと。

◆最後に大事なことを1つ。
こうした食品を、旬を意識しながらバランスよく摂り入れる、
というのが本来の食養生です。

いつも食べている全体量にプラスしてまで食べ過ぎるのは
よくないですよね。

もしお菓子やデザート類、インスタント食品やジャンクフード、
清涼飲料水などを過剰に飲んだり食べたりしてしまう方だったら、
その分を減らして、空いたスペースに上記の食品を。
アンチエイジングを目指すのであれば、守りたいですね!
タバコやアルコールを控えるのはもちろんです。

細胞をサビさせない=抗酸化、これがアンチエイジングのキモです!


 

近藤琉水ブログ新着

お問い合わせ

お問い合わせ
itsuaki_green2_640_p.jpg

PageTop




女性専門 不妊専門 関西 兵庫 西宮 夙川 神戸 芦屋  琉水鍼灸治療院 鍼灸サロン for You 西宮市相生町7番12号 ショコラ夙川E号室 (0798)71−3939


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。